根府川ライフ


ミカン栽培と採算

仕事納めも終わり、12/27 ミカン採収にのんびり昼前に行きました。オーナーのA,I兄弟は既に8時頃から収穫作業を始めている。
ミカン樹が500~600本あると聞いていたので、「収穫は25トン位ですか?(80kg/本×600本/隔年)」と訊ねた。オーナーは、「10kg箱が1000箱位出荷だから10トンだ。」と答え、質の良いの選別しているから少ないのだと考えた。

ミカンの卸値は1,500~2,300円/10kg なので、品質が良くても精々350万円/年と推定する。専業でないが、重労働、肥料、防虫、作業費、車両費、管理費などを考えると信じられないレベルに驚いた(前提が違うかも・・)。
矢張り公務員、財団法人職員、大企業正社員が良さそうです。ちなみに、小生は非正規派遣労働者。
ミカン栽培は、年中忙しい作業が続き高齢者には厳しい。根府川でも、観光ミカン園への転換、高収入果樹栽培への転換、廃業など進んでいる。

ミカン関連データ;
  • 国内ミカン生産量は、約100万トンでピーク時の1973年の1/3のレベル。柑橘類の多様化と1988年オレンジの輸入自由化が要因。
  • ミカンの季節に昭和48年頃までは一人1日2個食べていたが、今は2日に1個が平均。(小生は1日15個)
  • 果実消費量:
     1980年:国産580万トン、輸入150万トン→現在:国産350万トン、輸入500万トン

    (面白くなくてスイマセン!今回限りです。)
    [PR]
  • by akiotakahashi | 2008-12-27 19:59 | 根府川とミカン | Comments(5)
    Commented by rollingwest at 2008-12-28 06:33
    静岡在住時、登山したときによく目にした光景は傾斜のきつい斜面に広がる茶畑やみかん畑でした。収穫効率の悪い重労働で、後継者も少なくなって、足腰が立たなくなりつつあるお年寄りが頑張って作業をしている姿をよく見ましたが、この方たちがリタイアしていったあとはこの光景も荒れ果てていくのかと思いながら、畑の中の登山道を歩きました。
    Commented by KAZUさん at 2008-12-29 15:13 x
    「お気に入り」に入れてある本ブログを何時も楽しく読ませてもらっています。1月の21会並びに四三会でお会いするのを楽しみにしています。では良いお年をお迎え下さい。 
    Commented by wasitaka at 2008-12-29 18:49
    20年以上前の倉敷勤務の際も、種松山のミカン畑がどんどん消えて行くのを見て寂しい思いをしました。
    確かに行った労働力に対する対価は少ないですね。
    そして今の我が家の近くに沢山ある梨畑も、年々減少してきています。
    わびしいコメントになりましたが、どうぞ良い年をお迎え下さい。
    Commented by akiotakahashi at 2008-12-29 20:12
    RWさん BLOG大先輩の内容、構成、写真、動画に何時も感心しながら拝見しています。また、素早いコメントが有り難く励みになります。来年はRWさんのレベルに少しでも近づきたく宜しくお願いします。
    KAZUさん 「お気に入り」登録に感激です。来年もよろしくお願いします。
    washitakaさん BLOGで更に親しくなった気がします。来年も良き情報交換をお願いします。
    Commented by マサオ at 2008-12-31 16:45 x
    年末になったところで、先日、広島時代の友人がミカンをたくさん送って来てくれました。親戚が瀬戸内海の島でミカン栽培をしているとのことですが、普通売っているものよりもかなり大ぶりのミカンばかりです。
    ミカンは小ぶりの方が甘くておいしいなどという話をよく聞きますが本当のことなのでしょうかね。因みに今回友人から貰った大きなミカンは「甘いがやや酢っぱ味もある濃厚な味?」といった感じです。
    どうやらこのブログが貴兄にとっての今年最後の発信となりそうですね。1月の同期会では東京でお会いできるようですが、来年もどうぞ宜しくお願い致します。

    << 大晦日歳時記-1 (上野公園と...      真の義人と老人介護 >>

    小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
    by akitaka
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30