根府川ライフ


大分の連絡船(ホーバークラフト)

11/18 初めて大分コンビナートに行きました。
大分飛行場に着き別府湾を横断する連絡船乗り場に行ったが、桟橋もなく、広場に修理待ちの船があるだけ。実は300mの滑走路を走って海に入る近代乗物の水陸両用ホーバークラフトで驚き。
但し、強風の向かい風を90km/hの猛スピードで進むのは如何にもエネルギー効率の悪い乗り物で(追い風は良いが・・)、騒音と揺れが激しく気持ち悪くなりました。
空港での昼飯は大分なのに琉球丼があり熱帯魚の丼かと思ったが、関鯵の漬丼で味は満足。帰りは北海道でもないのにシシャモ蕎麦があるので注文した。出てきたのは地鶏のシャモで、肉は美味しかったが蕎麦はイマイチ。

琉球丼(鯵の漬け丼 ¥1,200)  シャモ蕎麦(味付シャモ肉 ¥850)

[PR]
by akiotakahashi | 2008-11-18 23:03 | | Comments(2)
Commented by rollingwest at 2008-11-18 23:19
連絡線の上に立ち並ぶ針葉樹のシルエットが実にいいですね~
Commented by マサオ at 2008-11-20 11:13 x
別府湾のホーバークラフトに乗られたとのこと。若かりし頃、福岡支店で暫く大分県の担当をしていましたが、実はあの船の使用する燃料(灯油)は我々M石油が納入していました。(現在も引き続いて新N石油系が納めているはずです)
大分コンビナートの会社にも時々は行きましたが、大分の美味しい魚料理と麦焼酎などもすごく懐かしいです。

<< 唐招提寺・天平の甍      晩秋の蓼科 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31