根府川ライフ


ミカンの剪定と摘果

ミカン畑を借りて1年になります。その間、ミカン栽培の本を3冊買って研究し、それなりの知識を身につけたつもりでした。
「大きい甘いミカン」を収穫する条件;
① 太陽が樹の奥まで当たるように大胆に剪定(3月)
② 葉25枚にミカン1ヶを目安に摘果・間引き(8-10月)
③ 肥料、防虫を的確に(4月、9月)

「小さな枝より大きな枝にこだわる」写真を参考に大胆に剪定した。6本剪定が終わった頃に、ミカン栽培先輩のAさんから「切り過ぎだ」との指摘。写真は単に樹形のサンプルで、葉っぱは残さなければいけないことに気がつき愕然!
現在は周りの樹が緑がいっぱいで青いミカンも鈴なりに対して、こちらは枝だけの有様です。
ミカン仲間には、「長期計画でやっている」と苦しい弁明。枝が伸び葉がつく3年後が楽しみです。

現在の樹形(若葉がチョロチョロ)  ミカン作業便利帳より(農文協)


目標を「小さく甘さは劣っても数量を」に変更し、残りの樹は剪定も摘果も止めた。「アーアッ」

プロの樹形(ミカンが鈴なり)    果実は寂しいがベゴニアが綺麗

[PR]
by akiotakahashi | 2008-10-26 04:23 | 根府川とミカン | Comments(3)
Commented by rollingwest at 2008-10-26 06:17
現在の樹形と、ミカン作業便利帳の木の形、本当に似てますね(笑)
Commented by akiotakahashi at 2008-10-26 07:09
rollingwestさま
コメント有り難うございます。読者に誤解を与える本には困ったものです(責任転嫁?)。
Commented by wasitaka at 2008-10-26 23:00
ミカンの木は本当に羨ましいですね。
私も借り畑での家庭菜園を再開したいのですが、仕事が不安定なので未だに迷っています。
お楽しみ下さい。

<< 鎌倉円覚寺・暁天座禅会      巨大オクラと連作障害 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30