根府川ライフ


黄河文明(4000年前)の灰陶土器

(骨董関連で)
古いものでは1.5億年前の恐竜の化石のほかに、4000年前中国・黄河文明時代の灰陶土器を持っている。
4年前、北京の高級骨董店の並ぶ琉瑠廠街の店で、奥の棚に古い土器を見つけた。「時代は何時か(什マ時候)」と聞くと、「4000年前だ」と言う。高校世界史で黒陶・灰陶・彩陶があったのを思い出し、傷も少なく信頼出来そうな店主なので即買った。
帰宅して古い教科書を調べると、正に同型のものが載っているではないか(感動)!
最近中国では、古い土器が続々と発掘され骨董の価値は下がっている。しかし、4000年前にどんな人がどのようにこの器を使っていたか想像するだけで夢が膨らむ。
[PR]
by akiotakahashi | 2008-10-11 06:37 | 趣味(骨董、美術) | Comments(1)
Commented by マサオ at 2008-10-09 10:06 x
中国で入手されたという骨董品や恐竜の化石ですが、どれも「夢が膨らむ」ものばかりですね。小生も、以前にトルファンを訪れた折、現地の子供から「高唱吉利」という高唱国(玄奘三蔵の時代)のコインを入手したことがあります。本物か贋物かはともかくとして、貴兄の土器などと同様、数千年も前のどんな人達が実際に使っていたのかを想像するだけで夢が膨らみますし、大いにロマンを感じさせられます。

<< 良寛禅師ゆかりの地(新潟・出雲...      子ども恐竜の化石(1億5000... >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30