根府川ライフ


雨の畑仕事と異常気象

10/21 雨の中を、根府川の畑に行って、大根の間引きをしました。

”大根葉の浅漬けが美味しかった” と暗黙の要求があり、また、異常気象の雨ばかりで、3週間も畑を見ていないので、出掛けた。

白菜、キャベツは、青虫に葉を食われて、葉脈だけの惨めな姿だった。猿も食べない隼人瓜の実が付きはじめ、これからが楽しみです。

サツマイモを試し掘りしたが、小さいのは、欲で過密で育てたのと、植える時期が、遅かったのが原因か。



明日は、衆議院選挙投票日で、どの政党も大衆迎合のきれいごとばかりで、地球温暖化と調和させて原発ゼロができると思っているのか!

"2030年までに、再生可能エネルギー比率を30%にすれば、原発ゼロも可能だ" と非現実な主張だけで、CO2削減を含めたエネルギー問題の提案がない。

12年前にエネルギー調査の仕事をしたが、当時の日本は、水力発電が8%、ゴミ・太陽・風力発電が3%くらいで、この10年頑張ってきたが、水力を合わせて15%程度だと推する。

現実的な政策を消去法で評価すれば、最後に残る政党は自ずと決まる。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-10-21 13:45 | 根府川とミカン | Comments(2)
Commented by wasitaka at 2017-10-22 14:09
雨中の畑仕事とは根性ですね、敬意を表します。白菜やキャベツはしっかりとフォローしておかないと、どうしても青虫の餌食になってしまいます。遠方の畑ですし、仕事や天候との戦いですからしようがありませんね。
Commented by akiotakahashi at 2017-10-23 06:00
washitakaさま:雨が多く雑と草の伸びの速さに、驚くばかりです。8月、10月と雨続きは、異常ですね。

<< 衆議院選挙の投票      雨の日の歩数(万歩計) >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30