根府川ライフ


倉敷の出張と弔問

6/30-7/1 倉敷の出張にあわせて、6/20亡くなったYDさん宅で線香を上げることができました。

新入社員の時代に同じ職場で、また、独身寮時代に良く飲んだのを思い出し、誰からも愛される性格で、法名「明照院釈勝徳」に相応しい徳人だった。

前夜まで自宅でウロウロして元気で、呆けもせずに惜しまれながら逝き、少し早いものの羨ましい。

庭の畑に、YDが育てたキュウリ、トマトが沢山実っているのを見て、泣けた。

(奥さまと一緒に巡った”四国88カ所ご朱印の掛け軸”)


工事の現場調査のために、タワーに垂直梯子で登ったが、手を離したら家族は喜ぶか、顧客には不味いかと、考えて力が入った。

若き頃に、工事会社の60歳の職人が怪我をして無災害記録が途切れた時に、「60歳以上の年寄りは、立ち入り禁止だ。年金で暮らせ。」と無茶を言ったのを思い出すが、既に時効だ。

左:好きだった倉敷駅前の”又一”は、代替わりで餃子は無い  
右:寄島”海賊亭”の30cmコチの煮魚定食(¥1380)はお値打ち



先も限られるので、"食には、金を惜しまない"を信条とするが、安い店ばかりのケチな性格です。

蒸し暑く大汗をかき、パンツ、軍足を洗濯せずに何日も身に着けた独身時代を思い出し、清潔好きな性格になった。

[PR]
by akiotakahashi | 2017-07-01 20:33 | | Comments(2)
Commented by wasitaka at 2017-07-02 06:18
YDさんの弔問をされましたか、私は当分の間その機会は持てそうもありません。
しかし前夜までお元気だったことをお聞きして安堵しました。法名も実にふさわしいですね。
Commented by akiotakahashi at 2017-07-03 05:41
washitakaさま:よき思い出ばかりの故人でした。おかげさまで、交通費、日当、ホテル付きで線香をあげることができました。

<< 築地「たけの食堂」の海鮮料理      赤羽の川魚居酒屋 “まるます家” >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31