根府川ライフ


群馬の名湯・草津、水上、伊香保の温泉三昧

6/15-17 学生時代の友人UDと、草津、水上、伊香保の温泉三昧ができました。

・第1日目(6/15, 草津温泉)

旧信越本線の碓氷峠4連アーチ橋は、明治26年にイギリス人技師設計で竣工した。高さ31m、長さ91m、高低差6mのレンガ造り。

(碓氷峠のめがね橋、 熱源泉を空冷する湯畑)


急こう配の路線をアプト式鉄道とし、着工1年で完成させた往時の文明開化の活力に感心した。

草津温泉の無料”煮川の湯”は、源泉かけ流しで45℃と熱いが、湯上りは快適で、少し白濁したPH2.1の名湯です。

・第2日目(6/16, 水上温泉)

世界遺産・国宝の富岡製糸場をジックリ見学した。

操糸所、繭置き所などレンガ造り大規模な工場をフランス人技師設計、着工1年の明治5年に完成させた。
殖産興業の政策に従い、生糸を輸出して日本の富国強兵、近代化に貢献した。

(富岡製糸場の繭倉庫、 谷川岳からの雪解けの急流)


女子寮、診療所、教育室もあり、野麦峠の女工哀史とは異なる、官営工場に感心。

水上温泉の、谷川岳からの雪解けの急流を見ながら浸かる無色透明の湯は、サッパリ感があるPH9.1の名湯です。

・第3日目(6/17, 伊香保温泉)

榛名湖湖畔を散策してから、伊香保温泉に行った。

老舗旅館で日帰り入浴を断られ、ムカッとしたが、公営浴場”石段の湯”を教えてもらった。

鉄分のある少し黄色い湯のため"黄金の湯"と呼ばれ、肌がスベスベするPH6.4の名湯です。

(榛名湖、 伊香保温泉”石段の湯” ¥410)


UDの子供がプレゼントした宿泊券を、奥様が行けずに、ダダ乗りできた。

こんな孝行息子がいることを、子供達に何気なく伝え、その気にさせる作戦を、思索中です。
[PR]
by akiotakahashi | 2017-06-17 17:22 | | Comments(4)
Commented by rollingwest at 2017-06-17 22:11
草津、水上、伊香保の名温泉に一遍に浸かる旅とは何と贅沢!こりゃ、長生きできますね~
Commented by akitaka at 2017-06-18 17:02 x
RWさま:草津温泉が、硫黄の臭いも強く、半濁りで一番でした。気遣いもなく旅できるのは、学生時代の友人が一番です。
Commented by wasitaka at 2017-06-21 07:15
学生時代の友人と一緒に、しかも宿泊券付きでの群馬の温泉巡りとは羨ましい旅行ですね。食とお酒の記述はありませんでしたが、きっと大いに楽しまれたのでしょうね。
Commented by akiotakahashi at 2017-06-21 16:51
washitakaさま:色々なことをした学生時代の友人は、何時まで経っても良きものです。空気みたいな関係が面白いです。貴兄もそうですが、良き子供に育てたのが、お見事です。

<< 赤羽の川魚居酒屋 “まるます家”      横浜地区の同期会“mini43... >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31