根府川ライフ


夏珪・山水画の鑑定

6/5 我が家の家宝・中国北宋時代・夏珪の掛軸の鑑定結果が、「本郷美術骨董館」から届いた。

(我が家の夏珪、江頭泊舟)
夏珪は南宋代表の画家で、山水画にすぐれ、雪舟が模倣して最も強い影響を及ぼした。

雪舟模写品の可能性もありそうで、鑑定を頼んでいた。

東京国立博物館に似た夏珪の重要文化財の山水画があるのは知っていたが、中国の古美術本(漢唐書院)に全く同じ画があるのをNetで知った。

(左:東京国立博物館の山水図、右:中国美術本, 我が家のと同じ)


「国宝級の新発見なので2000万円で買取りたい!」と骨董屋の店主が慌てて来ると思っていたが、冷たい回答にガックリした。

鑑定回答:「さて、ご依頼いただいた夏珪の掛軸ですがサインが無い為、本人作と断定出来ず、現時点では昔の模写の可能性が高いと思われますので概算査定額は 1万〜20万円前後 とさせていただきます。」

国立博物館の山水図にもサインは無く、"鑑定依頼者が怪しいので、夏珪作と断定できない" との回答だろうが、プロなら筆さばきを見て鑑定しろと言いたい。

昨年母が亡くなり、奈良の家からコッソリ持ち帰った掛軸だが、大金にならないので、兄に譲るか思案中。

(8年前の投稿) http://akiotaka.exblog.jp/9762324/


[PR]
by akiotakahashi | 2017-06-05 20:20 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)
Commented by wasitaka at 2017-06-06 21:37
凄い家宝を受け継いでおられるのですね、羨ましい。
我が家の場合は家内の方に分があり、かつては東郷青児などの作品もありましたが、今や雲散霧消です。多分その方が良かったのでしょう。
Commented by akiotakahashi at 2017-06-07 03:50
washitakaさま:テレビで”鑑定団”を見ますが、骨董品は本物だと想像して持つのが、良さそうです。コピー機の無い時代に、完全に近い模写品とは驚きで、雪舟が中国で模写したものかと、夢膨らみます。

<< 今生天皇「皇太子殿下御誕生記念...      三井記念美術館「奈良・西大寺創... >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30