根府川ライフ


三井記念美術館「奈良・西大寺創建1250年記念展」

6/4 日本橋・三井記念美術館「奈良・西大寺創建1250年記念展、叡尊と一門の名宝」に行きました。

西大寺には行ったことはあるが、緑少なく殺伐とした悪印象で、大茶碗で飲み回す茶会しか知らなかった。

“西大寺”は奈良時代(767年)の創建で、当時は“東大寺”に対する壮大な伽藍を持つ、南都七大寺の大寺院だった。

(隣は日銀, 黒田も総裁なら落ち着いて動くべし・・)


落ちぶれたが、鎌倉時代に叡尊(〜1290)が中興の祖となり、真言律宗の総本山となった。

末寺には、京都/奈良だけでなく、鎌倉・極楽寺、金沢文庫・称名寺などがあり、鎌倉幕府に上手く取り入ったようだ。
密教と戒律で、広く布教折伏して、大きく発展させた叡尊は偉い。

国宝11点展示で、密教の法具の精巧なのに驚き、寺宝の仏像・法師像は見事で、称名寺の本尊・釈迦如来像を初めて見ることができた。

戒律の教義らしく、懲罰の閻魔像、憤怒の愛染明王像が多く、間もなくお世話になると挨拶した。

三井本館ビルの7階にあり、重厚クラシックで、知名度が無いので客が少なく、ユックリ鑑賞することができました。敬老割引(¥1000)もあり好印象。

[PR]
by akiotakahashi | 2017-06-04 17:15 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)
Commented by wasitaka at 2017-06-04 20:12
文化的な探求心の活動にはいつも感心させられています。私も少しは見習いたいと思いながら、行動に結びついていないのが問題です。
Commented by akiotakahashi at 2017-06-05 20:09
washitakaさま:美術館、博物館は好みですが、特別展は国立、県立でも敬老割引がないのは、文明度が低い証です。無料にして、刺激を与えてボケ予防にすれば、医療費も減るかと思いました。

<< 夏珪・山水画の鑑定      防災訓練と大震災の備え >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30