根府川ライフ


奥日光の社山(1824m)、金精山(2244m)登山

5/19-20 “国民休暇村日光湯元”を拠点にして社山(1824m)、金精山(2244m)にF山の会14人と登りました。

<5/19 1日目:社山(1824m)>

新橋を6:30マイクロバスで出発し、いろは坂、中禅寺湖、戦場ヶ原を通り半月山駐車場からスタートした。

(社山頂上にて)


カラマツの新緑、桜、シャクナゲ、ツツジを通してみる中禅寺湖、男体山が美しく気持ちよい尾根歩き登山でした。

中禅寺湖湖畔には、店もなく静かで、マス釣りの釣人がルアーを投げている光景は、リッチな別荘地です。



SKの万歩計で26000歩、15kmは、5.5時間の歩行で疲れ切ったが、湯元の白濁の湯で疲れを癒すことができた。

宿は、設備、料理とも豪華で、国民休暇村も客商売が上手になり努力している。


<5/20 2日目:金精山(2244m)と刈込湖>

OY山男、IB社会人野球元監督から、登山前の入浴は筋肉が弛んで厳禁だと聞いていたが、我慢できず朝風呂に入ってから、宿の周りを散策して筋肉を締めた。

また、幹事から軽アイゼン持参の連絡があったものの、アイゼンを使うほどの雪は無いと考えたが、奥日光は雪が多いのが常識だそうで、仲間からアイゼンを借りた。

金精山(2244m)を目指して登り始めたが、雲ない快晴で、奥会津の雪の山々の眺望を楽しみながら、雪道を登ったが、雪が多いのは想定外だった。

(金精峠にて, 男体山と湯湖を望む)


金精山頂上まで100mあたりの山道が、急こう配の雪と絶壁で、リーダーの判断で引き返した。一人なら登って、滑り落ちて絶命する冷静な判断でした。

ルートを、湯元近くの刈込湖に変えたが、山と湖の素晴らしい景色を見ながら、昼を食するのは、心癒される。

(金精山頂上付近の急斜面と雪、 刈込湖)


21000歩、12km、4.5時間の歩行後、国民休暇村の温泉に入り、マイクロバスで恒例の宴会を賑やかに楽しみながら帰路についた。

日光は雪が多いと知り、”勇気ある撤退”で命まで救われた良き山行でした。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-05-20 21:54 | | Comments(3)
Commented by wasitaka at 2017-05-21 06:06
登山で体を鍛え、景色を楽しみ、美味しいお酒と料理、更には山の仲間との懇親、羨ましい1泊2日でしたね。下界は30℃を超える暑さでした。
Commented by akiotakahashi at 2017-05-21 16:58
washitakaさま:良き仲間との一泊登山で、下界から離れて、ゆっくりできました。宿で、北関東名物の”しもつかれ”が供され、貴兄を思い出しました。
Commented by rollingwest at 2017-05-27 12:54
最近は平日山行ですっかり御無沙汰です。もう完全に皆様から忘れ去られてしまったかも・・(苦笑)

<< 横浜の海鮮居酒屋での大先輩との懇親      客商売とストレス発散 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30