根府川ライフ


初夏の味“焼タケノコ”

4/29 根府川の畑で、初夏の味覚 “焼タケノコ” を食べました。

JR根府川駅から畑までの山道に竹林があり、竹の子を採るのを毎年の楽しみだが、今年初めて1本見付けた。

持ち主不明の野生の竹林なので、遠慮する必要はないが、キョロキョロしながら蹴って折った。



気候が良くなり、雑草の成長がものすごく、ひたすら草抜きをした。

昼飯に、焚火の中に放り込んで “焼タケノコ” を作った。
海を眺め、ビールを飲みながら、アツアツのタケノコを食べるのは、野性味があってよい。

“お焦げを食べると、癌になる”との話もあるが、老人には意味もなく、黒くなった炭まで食べた。

一本食べたので、お腹がパンパンになり、気持ち悪くなりました。


[PR]
by akiotakahashi | 2017-04-29 16:29 | 根府川とミカン | Comments(0)

<< 蓼科の新緑      回転すし“かっぱ寿司”と過保護社会 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30