根府川ライフ


蓼科での雪見の朝風呂

3/25-26 蓼科に、春野菜の苗を求めに行きました。

蓼科のJ社保養所を年に3回ほど利用するが、経路はルーティン化した。
;一宮御坂の菓子工場“桔梗屋”、道の駅“白州、蔦木、武川”、”原村自然農園”、蓼科”バラクラ英国ガーデン”、御殿場“えびせんの里”

(八ヶ岳遠望、  焼タケノコと信州サーモン刺身は美味)


山の落葉樹が少し緑っぽくなり、新芽の気配がうかがえるものの、春野菜の苗には早く、所期の目的は果たせなかった。

夕食に、焼タケノコが供され、また、ネコヤナギの芽が飾られ、春を感じた。

翌朝(3/26)は、思いもかけない15cmの積雪で、雪見の朝風呂に贅沢にも入った。

タイヤチェーンの準備はなく、考えが甘いと罵られたが、無事に帰ることができたのは幸い。

帰りの道の駅・八王子に、レタスとキャベツの安い苗があったのに、ズッコケました。
[PR]
by akiotakahashi | 2017-03-26 14:56 | | Comments(2)
Commented by wasitaka at 2017-03-26 19:17
優雅な奥様孝行の旅をルーティン化されておられるのは流石です。そして例の桔梗屋も組み込まれており、美味しい料理を楽しまれ、羨ましい限りです。
Commented by akiotakahashi at 2017-03-27 22:40
washitakaさま:蓼科は、春が遠いようです。同じルートの繰り返しは、考える気力もなくなりボケの始まりです。

<< 格安旅行会社“てるみくらぶ”の破産      大英自然史博物館展の"... >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31