根府川ライフ


ベトナム・ハノイ旅行(その3、ベトナムの文化)

(2/25-3/1 ベトナム・ハノイ旅行の続き)

1.  女性ガイドの父親は、ベトナム戦争の時はフエで戦い、傷痍軍人で仕事ができないそうだが、貧しくとも子供を大学にやる教育熱心なのは、明治の日本にも似る。

2. 高級住宅、マンションの建設が盛んで、貧富の差が、拡大しているそうでだが、中国とは違い、弱者への配慮もあるようだ。

枯葉剤による遺伝子変形で奇形児が2000人位いるが、刺繍工場などで雇用を義務付ける政策も立派です。

(文廟で卒業の制服を投げる女学生、刺繍工場の勤勉な女性)


3. ベトナムの3大料理は、① フォー(麺) ② 春巻き ③ ブン・チャー(焼豚と麺)で、安上がりなのが良い。

海岸線が長いので、海鮮料理を楽しみにしたが、期待外れだった。
ハロン湾で、茹でシャコ 1匹200円、焼牡蠣 2ケ200円、茹で小カニ 1匹2000円とは、観光地とは言え、高すぎる。

(ベトナム麺のフォー,300円、 2000円カニの甲羅ワイン)


ベトナムは、人口9000万人、35歳以下が65%の若い国で、制服の学生が目立ち将来が楽しみ。
勤勉、我慢強く、教育熱心の国民性で、30年後に老国日本は逆転されても仕方ない。

マッサージ店を覗いたが、2時間,5000円は、高いので止めた。下のマッサージもあるとしつこかったが、勿論拒否。

[PR]
by akiotakahashi | 2017-03-03 22:06 | | Comments(2)
Commented by wasitaka at 2017-03-04 17:32
ホーチミンには数回出張で出掛けましたが、ハノイへは行ったことがありません。
フォーはハノイの方が美味しいと聞いたことがあります。間違いなさそうですね。そしてその隣のビールはベトナム製のようですが、味はどうだったでしょうか。私が行った20年前は輸入ビールだけだったような気がしますが、定かではありません。
Commented by akiotakahashi at 2017-03-04 21:36
ホーチミン(サイゴン)に何度も行かれたとは、羨ましいです。ベトナムも、自国のビールだけでなく、輸入ビール、ワインも豊富でした。ベトナムも、自国のドンだけでなく、ドルも使えるほどに開放されていました。

<< 大月・高川山(976m)登山      ベトナム・ハノイ旅行(その2、... >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31