根府川ライフ


ベトナム・ハノイ旅行(その1、観光)

2/25-3/1 ベトナム・ハノイに学生時代の友人UDと出掛けました。

1. 世界遺産・ハロン湾クルーズ
石灰岩台地の地殻変動と浸食による奇形の2000の島々の眺めが素晴らしい。

豪華観光船で、ワインを飲みながら海鮮料理を食すのは、豪華なクルーズだった。また、島に下りて、カヤックで湾内を漕ぐのも面白い。

(ハロン湾のボート、 高さ20m巨大空間の鍾乳洞)


2. ホーチミン廟
フランス植民地からの独立戦、アメリカとのベトナム戦争を戦い、統一を果たしたホーチミンの遺体が安置される廟は、ベトナム国民の聖地です。

地方からの国民、学童が多く、1時間待ちの長蛇の列だったが、穏やかな姿を拝顔できた。

冷凍保存は、質素に暮したホーチミンの本意ではなかろうが、それだけ敬愛されている証でもある。(撮影禁止)

3. 水上人形劇
1000年の歴史のある田園地帯で生まれた人形劇で、5m幅の池の中でクルクル回し、飛び跳ねさせる裏からの技には、感心した。

人形浄瑠璃など比較にならないレベルの高さです。

(水上人形劇の田植え、 ホーチミンが作戦会議した椅子で)


4. 世界遺産・タンロン遺跡
11世紀のハノイ城跡のレンガや礎石が残る。遺跡の中に、ベトナム戦争で作戦会議をした戦略地下室(D-67地下室)がある。

国を守るために作戦会議をした、勇士の姿を思い浮かべた。

5. 歴史・軍事博物館、ホアロー監獄
1896年フランスが作った監獄で、多くの革命ベトナム人が拷問を受けギロチンで、死んだ。

囚人が繋がられる写真を見て、知的な革命者が多く殺されたのが解る。

(ホアロー監獄の囚人、 軍事博物館の撃墜された米軍爆撃機)
 

中国属国(17世紀まで)、フランス植民地(1895~)、日本占領(1940~1945)、フランス独立戦争(1946~1954)、米国ベトナム戦争(1965~1975)、戦後の経済制裁(~1994)など、ベトナムは好き放題メタメタにやられっ放しだった。

ドイモイ政策を進化させ、更に経済成長を遂げて、豊かな国になって欲しいと願った。

ハノイ女性は、細身小柄の色白美人が多いが、アオザイ姿が廃れているのが残念。

[PR]
by akiotakahashi | 2017-03-01 20:46 | | Comments(0)

<< ベトナム・ハノイ旅行(その2、...      プレミアムフライデーのスタート >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31