根府川ライフ


コンニャクイモの収穫(その1)

10/9 雨の中を根府川のミカン畑で畑仕事をしました。

朝、晴天だったので、久し振りに出掛けたが、根府川駅から少し歩いたところで、激しく雨が降り始めた。ずぶ濡れで畑に着いて、濡れついでに草抜きと畑仕事をした。

ミカンは青いが、これから甘みを蓄え、色付くのが、楽しみです。



畑に収穫できる野菜はないが、よく見るとコンニャクイモの葉が枯れているのに気付き、掘り返すと大きなイモの塊が出てきた。

家内に「コンニャクを作ってくれ」と頼んだが、「何で面倒なものを持ち帰るか」と罵られ、全くやる気がない。

コンニャクの作り方をネットで調べ、炭酸ナトリウムが固めるのに要ることが解り、可なり面倒そう。

“男子厨房に入らず”が家訓で、父が台所に立つのを見たことがなかったが、家訓より家内の方が強いのに、先祖が泣いている。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-10-09 18:27 | 根府川とミカン | Comments(0)

<< コンニャクイモの調理(その2)      Nエネルギー経済研究所のOB懇親会 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30