根府川ライフ


親しき友との蓼科周辺ツアー

8/21-22 学生時代の仲間5人で、蓼科周辺ツアーに出掛けました。

<第1日目 8/21>
甲斐小泉の食堂「自然屋」で、HMと合流してから、入笠山(1955m)に向かった。

(「自然屋」の天ぷら、イワナ刺身定食、  八ヶ岳の遠望)


ゴンドラ(1780m)を降りて馬鹿話で大笑いしていると、案内人から 「初めから、気合が入っていませんネ」と言われ、更に大笑い。

湿原は人工植栽の気配はするが、山野草が咲き乱れ美しく、歩くのが嫌いな写真家KHも、俄然元気になる。



(KHの芸術写真, マツムシソウ)


仲間の中で名を成したのは、元NHK会長のHMだが、世俗から離れて北杜の田舎に移住し、無給で母校の教育改革を支援する姿は、爽やかです。
また、学校が、旅費、学費、生活費を支援し、海外留学をさせて、国際人を育てる取り組みには感心した。

帰ってから、「死んだら遺産の半分を母校に寄付してくれ!」と宣言したが、一蹴された。

<第2日目 8/22>
関東は台風で大雨だったが、長野方面は快晴で、上田・別所温泉の安楽寺・三重塔と常楽寺・北向観音まで遠征した。

鎌倉時代建設の国宝・三重塔は八角の姿が珍しく、杉林の中で優美に立つ。また、北向観音のお清めの手水舎は温泉で暖かく、温泉地らしく面白い。



”お互い元気なうちに、顔を合わせて、飲み、出歩き、遊ぶべし”が、一同の合意でした。

帰ってから、「金は残さず、仲間との付き合いに使いきる!」と宣言したが、これも一蹴された。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-08-22 20:41 | | Comments(0)

<< M社大先輩との懇親会      月誕生日を同じとする集まり「21会」 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31