根府川ライフ


空き家の草抜き

<6/12> OB会の出席だけで、交通費3万円では採算が悪いので、家内の実家(空き家)の草抜きと剪定をしました。

木の枝がだらしなく伸び、雑草がボウボウでは、真面目に生きた両親に、あの世で合わす顔が無いので、朝5時から枝を落とし、草抜きした。

(昔は村人・親類総出の田植だったが、1人でできる楽な農業、 豪華煮魚定食)


自分へのご褒美として寄島の海鮮食堂”海賊亭”に、11時開店と同時に一番乗りした。

煮魚定食(1380円)が楽しみで、30cmの大きなコチ2匹が供されたが、車なのでビールが飲めないのが残念で、久し振りに家内の大切さを思いました。

<6/13> 奈良・桜井の小生の実家(空き家)に、草抜きと剪定に立ち寄りました。
(右:大神神社の大鳥居と雨の三輪山)

生憎の大雨で何も出来ず、ホームセンターで除草剤を買って、処方の3倍濃度で撒いた。

兄も東京住いで、無人の家を処分することにしたので、法務局、税務署に相談に行った。

いずれも相談は完全予約制で相手にしてもらえず、何のために休暇を取ったか、全く無駄な一日でした。

若者の都市集中/田舎離れで、無人の朽ちた家が増えているが、無料(固定資産税、維持費相当だけ)の家具、食器付きの貸し出し制度があれば良い。

親の家を処分するのは、忍び難いものです。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-06-13 23:44 | | Comments(2)
Commented by wasitaka at 2016-06-15 14:40
水島、寄島、奥様の実家、ご本人の実家訪問と実に効率的な行動でしたね。しかし法務局や税務署が予約制で受け付けてもらえなかったのは残念です。
Commented by akiotakahashi at 2016-06-15 23:12
washitakaさま:予約しないと相談出来ないなど、民間、サービス業では考えられません。

<< 通勤電車で座る方法と父の形見      旧M社水島支部OB会 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31