根府川ライフ


金光(岡山)大光院での義父の33回忌

3/12-14 義父の33回忌が、金光(岡山)の大光院であり、出掛けました。

839年に慈覚大師開山・大光院の本尊阿弥陀如来像(藤原時代)は、良きお顔、お姿の仏さまです。

墓参りし、墓石を清め、草抜きし、生前の不孝を詫びたが、30年経てば殺人でも時効です。

(大光院の阿弥陀如来本尊、   眺めの良い墓地)
 

金光の楽しみは、寄島町の海鮮食堂”海賊亭”で、昼食、夕食とも利用した。

体を養生しても、呆けて長寿では意味がないので、痛風治療中だが、プリン体の塊の牡蠣とビールを注文した。

(蒸し牡蠣¥1100、ゲタ煮定食¥1300、カンパチの兜煮定食¥1300、海鮮漬け丼¥850)


我慢と無理をせずに、”心の欲する所に従えども矩を踰えず”が、孔子の教えでもあり、自然体が一番です。
[PR]
by akiotakahashi | 2016-03-14 18:13 | | Comments(2)
Commented by wasitaka at 2016-03-16 22:43
寄島へはもう一度行ってみたいと思っています。私の場合、ついでの機会がないのでほとんど無理ですが、何かあればこのような美味しそうな料理を再び味わいたいものです。
Commented by akiotakahashi at 2016-03-17 06:56
流通が進化して、鮪、ホタテ、毛ガニなどは、東京の方が安く食べれます。瀬戸の漁港で、地の魚に値打ちです。

<< “道(TAO)”      旧M社の技術仲間10人との懇親 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31