根府川ライフ


バンコクのグルメとマッサージのツアー,12/17-21(その2:グルメ)

タイ料理、タイスキ、海鮮、中華を予定していたが、① "COCA"でタイスキ  ② "マンゴーツリー"でカニと春雨のカレー煮、トムヤムクン、薩摩揚げ、春雨サラダ ③ 街の食堂で 米ヌードル、海老入り焼き飯を食したが、シーフードに行けなかったのが残念。

("マンゴツリー"のタイ踊りもあるタイ料理、   "COCA"のタイスキ)
 

バンコクの街を歩き、ショッピングモール(サイアムスクエア)の食堂街をチェックした。

丸亀製麺、吉野家、回転寿司、てんや、大戸屋があるが、日本よりも高くても満席なのに驚き、タイも経済発展に成功したものの、貧富の格差が広がったかと思った。

インターコンチネンタルホテルでの朝食の請求が、1人1000バーツ(¥3700)には驚愕。
昼食にビール1本を飲み、330バーツ(1200円)を請求され、違うと怒ったが、メニューを見せられ33バーツの思い違い。

タイ式マッサージも30年前は、1時間500円位だったが、1000-1500円が相場になった。それでも、連日通い、全身がフニャフニャになるまで揉みほぐし、伸ばしてもらった。

(サイアムスクエア・ワン、    丸亀製麺)
 

同行の友人は、初めてのタイだが、難しいタイ語を研究し、母音/子音/長短/高低のルールのある表音文字だと教えてくれた。

手当たり次第に、タイ文字の作文添削を頼み、書き順を教えてもらう姿勢には感心するも、役に立つか疑問。

マッサージ店でも、”サバイ(気持ち好い)” しか知らないのに、日本語を教えながら大笑いする仲になる有徳者でもある。

(誰にでもタイ文字の書き順を、教えてもらう友人)


① ボートに乗り間違える ② 時差を忘れて、ツアー集合時間に1時間早く着く ③ ビールの請求が違うと騒ぐ ④ トイレを探して大騒ぎするなど、年相応のトラブルはあったが、楽しい弥次喜多道中でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-12-22 19:21 | | Comments(2)
Commented by wasitaka at 2015-12-23 06:25
こちらはグルメの側面で、マンゴツリー、コカレストラン、街の食堂を楽しまれたのですか。コカは懐かしい本店のようですね、来客がある度に行ったことが思い出されます。
ホテルの朝食は昔から高額で、25年前に家内と一緒に行ったヒルトンで400バーツ(2400円)で驚きましたが、インターコンチで1000バーツには更にびっくりです。
Commented by akiotakahashi at 2015-12-23 22:46
1000バーツの朝食でも、裕福なタイ人も多いのに驚きました。貧しい農村の支持者の多いタクシン派が、力をつける理由が解りました。シーフードレストランの場所が解らず、残念でした。

<< 2015年 C社の仕事納め      バンコクのグルメとマッサージの... >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31