根府川ライフ


広島・福山市の神辺(カンナベ) 宿場町

10/11 広島・福山市の旧山陽道の神辺(カンナベ) 宿場町を散策しました。

参勤交代の大名が泊まった神辺本陣、朱子学者・菅茶山(1748-1827)の廉塾(レンジュク)、神辺城跡を、ゆっくり見学した。

女子大生の観光ボンティアガイドが、丁寧に案内してくれ好印象で、文化の香りあふれる歴史の街・神辺が好きになった。

(神辺本陣の美人女子大生ガイド、  頼山陽が塾頭をした廉塾の講堂)
 

倉敷の工場の出張(10/9)のタイミングに、偶々、家内が岡山の実家に法事で帰っていたので、合流した次第。

寄島の海鮮食堂"海賊亭"の魚煮付け定食が、気に入り、連日通った。

(左:寄島の26cm黒鯛の煮付定食,1280円,はお値打ち、前日は30cmのコチ2匹だった。
 右:J社工場の工事現場;老人の労災に注意してくれと、シツコク言われるのが、不快)

 

旅費、宿泊費、日当までもらって、フラフラ出来るのは、実に有り難い。

広島までの交通費も馬鹿にならないので、少しは真面目に働いて、クビにならないように印象良くするかと、考えました。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-10-12 21:03 | | Comments(2)
Commented by wasitaka at 2015-10-13 13:51
社費で倉敷まで行って倉敷を楽しみ、足を伸ばして寄島の煮魚定食を楽しみ、さらには福山方面まで散策出来るとは羨ましいですね。
私は自費で行こうと思っていましたが、どうやら来年になりそうです。それでも楽しみです。
Commented by akiotakahashi at 2015-10-13 22:43
washitakaさま:交通費を負担してくれるだけでも、仕事を続けている価値がありそうです。工事現場に入ると、血が騒ぐのも習性になっているのに、気付きました。

<< 横浜地区M社同期会・Mini43会      旧M社水島支部OB会の会報“ぼ... >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31