根府川ライフ


大阪・通天閣と釜ヶ崎のホルモン

6/27 通天閣に、子供の頃、父と上がったのを思い出し、どうなっているか見に行きました。

8時半では、通天閣も開業前で、夜の新世界は賑やかだが、酒屋も開いていない。

仕方なく、食堂を探しに、近くの釜ヶ崎に向かった。

簡易ホテル、浴場、コインランドリー、コインロッカーが多く、また、住所不定者の多い寄せ場の街にしては、清掃している人が多くて綺麗。

大阪市が雇用対策に、日雇いを集めて、清掃してもらっているようです。

”ホルモンきらく”の看板が目に入り、入店した。10人ほどの店だが、朝から賑やかに飲んでいる。

顔見知り客同士なので、仲間には入れないが、くだけた会話を聞くのも楽しい。

(ホルモンの乗ったラーメン/うどん 300円も値打ち、 カップ酒のコップを使う企業努力)


ビールとホルモン(¥120)を頼んだが、少し甘みのあるホルモン煮付けは、絶品でお値打ち。
ホルモンが美味しいので、冷酒を2杯追加したが、1020円で済んだ。

月42000円でシャワー付きの簡易ホテルに泊まれ、飲食費が安いので、釜ヶ崎での年金暮しも選択肢かと、考えました。
[PR]
by akiotakahashi | 2015-06-27 21:28 | | Comments(2)
Commented by wasitaka at 2015-06-29 06:26
通天閣や釜ヶ崎は有名ですがまだ行ったことはありません。しかし安いですね、学生時代にたまに行った、仙台のジャンジャン横丁の当時の安さですよ。千円あればしっかりと飲んで、ホルモン焼きも食べられました。
Commented by akiotakahashi at 2015-06-30 03:34
washitakaさま:花壇があり、ゴミはなく、街が綺麗なのには感心しました。昔は、仕事を求めて手配師に群がっていたが、今は、携帯で仕事の連絡が来るそうです。働かなくても、生活保護で、生きていける奇妙な世の中になりました。

<< 旧M社仲間の送別会      根府川の畑での横浜地区の拡大同期会 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31