根府川ライフ


金沢文庫博物館の「日向薬師―秘仏鉈彫本尊開帳―」展

6/14 金沢文庫博物館の「平成大修理記念、日向薬師―秘仏鉈彫本尊開帳」展に出掛けました。

新聞の美術案内で、「日向薬師―本尊開帳」が、最終日だと気付いた。

伊勢原の日向薬師・宝城坊が解体修理中で、鉈彫(ノミ目を残した彫かた)の秘仏・日向薬師如来と日光/月光菩薩が開帳されていて、拝観できる最後のチャンス。

敬老100円の入館料なので、見学者は老人ばかりで、大きな声で話すのが不快だが、薬師如来仏のキリリとした顔立ちと、鉈彫の納衣が素晴らしい。

(神奈川県立金沢文庫、      称名寺庭園)


金沢文庫は、鎌倉時代に北条実時が六浦荘金沢の邸宅内に造った武家の文庫で、東の正倉院と言われる。

隣接する金沢北条氏菩提寺の称名寺は、金堂前の木造アーチ橋で大きな池を渡る浄土庭園が、洒落ている。
池の畔には、絵を描く老人が多く、良き趣味を持つ人が羨ましい。

芸術的センスと運動センスは、いくら努力しても意味が無いのが、残念です。今さら努力しても意味はないが・・・
[PR]
by akiotakahashi | 2015-06-14 13:32 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)
Commented by wasitaka at 2015-06-14 20:53
敬老料金とはいっても週末に2度も博物館めぐりをされるとは実に良い趣味ですね。私は横浜在住の際に、金沢文庫を訪ねる機会を得なかったのが残念です。
Commented by akiotakahashi at 2015-06-15 01:53
washitakaさま:入館料が100円なら、タダにしても一緒かと思いますが、老人の入館料が唯一の収入なら仕方がないかもしれません。称名寺は、良き寺です。
Commented by rollingwest at 2015-06-17 06:45
称名寺は8年前にカミサンと夜に訪問しました。池に映るアーチ橋のライトアップが素晴らしかったですよ!
Commented by akitaka at 2015-06-18 03:12 x
RWさま:関東に称名寺のような庭園があるとは、知りませんでした。ライトアップは、見事そうですが、色々なところに出没するご夫婦も見事です。

<< スポーツクラブ“NAS戸塚”と老人      神奈川歴史博物館「中世東国の茶」展 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30