根府川ライフ


大阪・道頓堀のグリコ看板

3/14 倉敷の帰途に、大阪で下車して、昨年10月に新しくなった道頓堀川のグリコの看板を見に行きました。 (右:新幹線車窓から見る伊吹山は巨大)

グリコの6代目看板は、LEDライト14万個の省エネ看板で、ランナーも若返ったように見える。

大人気で、戎橋上でグリコを背景に写真を撮るカップルが多い。

大阪市を5特別区にする大阪都構想は、3/13大阪市議会で可決され、住民投票に向けて一歩づつ進んでいる。

(心斎橋通りは大混雑で、グリコ看板は大人気、  名物看板”かに道楽”も大行列)
 

大阪も金回りも良くなり、阿倍野橋の高さ300m近鉄ビルや梅田スカイビルなどの高層商業ビルが立ち並び、人出も多く、ようやく立ち直ってきている。

金回りで言えば、福島原発の避難での補償金が、持ち家4人家族で1億4千万円以上をもらうのが600~700人いるとの"週刊新潮"を読んだ。

4年間で年収50年分を手にして、毎日ピンクサロン通いの仮設住宅住人が多く、金遣いが荒いので、歓楽街は潤っている。

「沖縄と同じで、ゆすり・たかりのハイエナ県になった!」と言われない中庸と妥協が必要です。


[PR]
by akiotakahashi | 2015-03-14 22:02 | | Comments(2)
Commented by wasitaka at 2015-03-15 22:58
古稀を迎えられるのに、若い技術者と一緒に第1線でご活躍されておられる姿に敬意を表します。
そして奥様と東北を巡り、更に倉敷から関西まで駆け回られている若さにも驚きます。
私も頑張らなければいけませんね。
Commented by akitaka at 2015-03-16 21:15 x
washitakaさま:若者の気持ちを考えると、父親より年配の爺さんと話す気にもならないかと思いました。

<< 日本の世界に通じる3大発明      高級中華料理での懇親会 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31