根府川ライフ


ミカン畑の仕事納めと野点の趣き

12/30 根府川のミカン畑の仕事納めをして、野点で茶を楽しみました。

ミカンの収穫はほぼ終わり、ミカンの保存倉庫(予措:暗所で貯蔵して甘みを高める)からミカン箱に入れて持ち帰り、今年の作業は終わりです。

枯枝を燃やし、飯盒で湯を沸かし茶を点て、海を見ながら、静かに茶を飲むのも趣きがある。
”茶の湯とはただ湯をわかし茶をたてて 飲むばかりなる事と知るべし”(利休百首)



「Blogだけのために格好をつけている。志野焼茶碗を勝手に持ち出すな!」と罵られながら、写真を撮ってもらった。

この1年、海の見えるミカン畑でストレス解消ができて、感謝しながら〆ることが出来ました。

帰りは、小田原漁港の魚センターでの、鯵のなめろう(*)茶漬けが美味しかったが、ビールが飲めずに残念。

(ミカンの保存倉庫、   鯵のなめろう茶漬け ¥880-)


ご訪問の皆様へ;
今年1年間、馬鹿なBlogにご訪問頂き有り難うございます。
来る年が、皆さまにとって、幸せで良き年でありますことをお祈り申し上げます。

(*) なめろうは、もともと船の上で作られていたといわれる漁師料理。新鮮な魚をおろして、味噌・日本酒、ネギ・シソ・ショウガと一緒にたたき合わせたもので、酒がすすむ逸品
[PR]
by akiotakahashi | 2014-12-30 16:59 | 根府川とミカン | Comments(2)
Commented by wasitaka at 2014-12-31 09:14
今年の締めは豊作ミカンと茶道ですか。実に優雅ですね。
しかし山に、博物館に、仕事に、農作業に、はたまた海外に、と大活躍でしたね。
来年も良き年となるでしょう、続いてのご活躍を祈念します。来年もよろしくお願いします。
Commented by akitaka at 2015-01-01 00:01 x
washitakaさま:Blogを通していろいろ情報交換ができ有り難うございました。ご家族の皆様にとって、来年は一層良き年でありますことをお祈りします。

<< 鎌倉・円覚寺の初詣と今年の運勢      仕事納めと学生時代の友人との忘年会 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30