根府川ライフ


多摩川のホームレスの太陽光発電システムの導入

7/20 根府川の猿監視小屋「六尺庵」に太陽光発電システムを取付けました。

テレビで、多摩川、荒川河川敷のホームレスの7割がソーラセル、テレビ、照明のセットを持っており、設置費用は1万5千円くらいだと紹介していた。

良いものは直ぐに受け入れる進取の精神なので、秋葉原に買いに行った。電池は、オートバックスで自動車の廃棄電池を貰おうと思ったが、さすがに言い出せずに買ってしまった。総費用は、2.5万円で、小屋の建設より高くついた。



ビールを冷やすクーラーボックス、CDプレイヤー、照明(LED20W)のための、配線をした。テレビは俗過ぎるので、暫くは我慢する。

早速試したが快調で、冷やしたビールと氷を持ってくる必要もなくなった。CDは、松原泰道師の般若心経、フルトヴェングラーのベートーベン、パーシー・フェイスなど4枚持ち込んだ。

ミカン畑に、"般若心経"やベートーベン"田園"が流れるのも興がある。
次は、ライオン、狼、犬の吠えるCDを探し、夜通し鳴らして猿を撃退するかと考えた。
[PR]
by akiotakahashi | 2014-07-20 21:54 | 根府川とミカン | Comments(0)

<< ゴーヤのグリーンカーテンと”安...      冷却商品の「どこでもアイスノン」 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31