根府川ライフ


上野国立博物館の「栄西と建仁寺」特別展

5/1 上野国立博物館の栄西800年忌「栄西と建仁寺」特別展に行きました。

栄西は禅宗臨済宗の開祖で名高いが、茶を広めた茶祖でもあり、茶道と禅道に打ち込んだこともあるので、是非とも行かねば思っていた。

栄西が、宋からお茶の種を持ち帰り、京都の栂尾茶となっているが、種を入れた壷があり、この壺から日本の茶が始まったかと感慨深かった。

茶の効用から茶の製法などについて著した「喫茶養生記(1214年)」も興味深い。

「栄西と建仁寺」特別展看板と平成館、 新国宝の長野中ッ原遺跡 土偶「仮面の女神」, 茅野市ホームページより”


臨済宗の開祖、建仁寺の開山でもあるので、建仁寺の宝物の屏風絵・禅画や仏像・僧像なども多く展示され2時間かけてユックリ観た。

香厳が箒ではいた瓦のかけらが竹に当たり、その音を聞いて悟った禅絵「香厳の撃竹」が面白く、これなら悟りの境地も近いかと・・

博物館本館では、2014年に国宝、重要文化財に指定された51件の展示があり、得をした気分になった。茅野市中ッ原遺跡出土した縄文時代の新国宝「仮面の女神」は珍しい土偶。

久し振りに文化的なものに接し、充実したメーデーでした。
[PR]
by akiotakahashi | 2014-05-01 20:40 | 趣味(骨董、美術) | Comments(2)
Commented by rollingwest at 2014-05-02 12:51
4月の下旬に、諏訪の突石縄文遺跡を訪ねて「仮面の女神」を実際に見てきました。松本城の桜も素晴らしかったです。東博は台湾至宝展の前売りチケットをもう購入致しました。
Commented by akitaka at 2014-05-03 10:00 x
RWさま:突石縄文遺跡の土偶は国宝の価値ありと思いました。さすがに文化的なRWさんです。美術館、博物館の入場料も高く、こんな特別展には敬老無料・割引が無いのがけち臭い国です。

<< 伊豆・伊東でのタケノコ狩り      三浦半島・三十三観音巡礼と城ケ島 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30