根府川ライフ


奈良・高取町「町屋の雛めぐり」と「壷坂情話」

3/22 奈良・高取町の「町屋の雛めぐり」に出かけました。

高取町は、明日香、橿原、吉野に隣接し、古墳・飛鳥時代の遺跡の残る古代史のふるさとです。
”妻は夫をいたわりつ、夫は妻にしたいつつ”の夫婦愛で有名な眼病治癒に霊験ある壷坂寺もある。

また、日本一の山白「高取城(標高583M)」の城下町として栄え、昔からの町屋が多く残っている。

町屋には、大切に蔵われている雛人形が残り、50軒ほどの家を開放してお雛様を公開している。お雛様もよいが、古い町並みと旧家の内部・庭を見れるのが面白かった。



光永寺には、ペルシャ人の顔立ちの”人頭石”があり、百済の影響のある猿石、亀石などと同様の飛鳥石造物をみて古代を偲んだ。

家内に聞かせたい「壷坂情話」を改ざんして;
”妻は夫をいたわりつ~、夫は妻にしたいつつ~
一生あなたの杖になり 越える苦労の人世坂 あなた離しちゃだめですよ
つらくても好きなお方のそばならば 私とってもうれしいの
一生、いいえ、末の世までも ずーっとあなたの妻がいい”
[PR]
by AKIOTAKAHASHI | 2014-03-22 17:53 | | Comments(4)
Commented by wasitaka at 2014-03-23 06:05
高取町と壺坂寺の存在は、恥ずかしながら知りませんでした。
しかし akitaka 式壺坂情話と母親孝行記は良いですね、次の知られざる(私にとっとでしょう)奈良の名所のご案内にも期待します。
Commented by akitaka at 2014-03-23 21:18 x
washitakaさま:母親孝行記より、”妻は夫をいたわりつ”が切実な課題です。飛鳥方面も中々見所がある場所だと見直しました。
Commented by rollingwest at 2014-03-24 21:14
夫婦愛で有名な歌は壷坂寺というお寺に由来があるのですか・・!我が家は「妻は夫をいためつけエ~(小遣い減額圧力)、夫は妻にしたがいつつ~」の不利な状況です。この圧力に抵抗するために反論材料を集めて今は雌伏の時と心に決めて、論破するための起死回生を狙っております。(苦笑)
Commented by akiotakahashi at 2014-03-24 22:52
RWさま:お里沢市のような日本の良き風習が、忘れ去られているのは悲劇ですが、逆転が不可能なのが悩みです。

<< 倉敷の旧友2人との懇親と出張の理      横浜港に初寄港の豪華客船「クイ... >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31