根府川ライフ


京都の老舗パン屋“進々堂”

3/1 京都の老舗パン屋“進々堂”で食事をしました。

内村鑑三の門下生でクリスチャン続木斉が大正2年に開業したパン屋として、京都では有名な店。

ここのモーニングセットがお値打ちで目指したが、車の渋滞でモーニングタイムの11時に遅れた。仕方なくランチメニューのビーフシチュー(1700円)を頼んだが、美味でこれも値打ちでした。

(京都パン屋“進々堂・北山店”、  ビーフシチューとカレーハンバーグ1250円)
 

焼きたてパンが食べ放題、コーヒーもお代わりOKなので、脂分タップリのシチューに加えて、パンの食べ過ぎとコーヒーの飲み過ぎで、暫らく動けなかった。

北朝鮮、ビアフラ、ニジェールなどの飢餓の国の子供たちを考えると、たまたま飽食の国に生まれた人間は有り難いものです。

“Give us this day our daily bread.”  (我らの日用の糧を今日も与えたまえ, 新約聖書)

[PR]
by akiotakahashi | 2014-03-02 21:27 | | Comments(0)

<< 法起寺、法輪寺の三重塔と東大寺...      日本郵船歴史博物館“氷川丸”模... >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31