根府川ライフ


日本郵船歴史博物館“氷川丸”模型の公開

2/26 横浜関内の日本郵船歴史博物館での“氷川丸”模型の特別展示(2/18~)に行きました。

戦前にバンクーバー日本郵船にあったが、太平洋戦争で日本資産凍結によりカナダ政府に没収されたあと、数奇な運命を辿り73年ぶりに返還された精巧模型(実物の1/48、全長3.4m)です。

(日本郵船歴史博物館看板、    “氷川丸”の精巧模型, 撮影禁止)


豪華客船の模型、羅針盤など道具、戦争と船の悲劇などの展示が面白く、仕事がなければユックリと研究したい。

太平洋戦争での日本郵船の被害は、沈没船舶185隻(113万トン)、犠牲社員5312人で、当時は船舶犠牲者が多かった。軍人戦死者と違い、民間犠牲者の残された家族の苦労を偲ぶ。

(左:大正15年に再建・横浜生糸検査場、 右:帆船「日本丸」は三菱重工横浜造船所の明治30年一号ドックに繋留)
 

博物館は日本郵船横浜支店として1936年(昭和11年)に建設された建物で、外観や装飾壁に歴史を感じさせる。

横浜には明治・大正・昭和戦前の近代化建築が数多く(40棟登録)残されており、暇なときに、これらを巡るのも有益かと考えた。 

黙っていてもシニア割引の入館料を求めたのが少し不快だが、コーヒー付で250円なら季節も良くなり、毎日来ても悪くなさそう・・・・
[PR]
by akiotakahashi | 2014-02-26 20:10 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)
Commented by KAZUさん at 2014-02-27 10:13 x
私も大分前ですが日本郵船歴史博物館を見学した事が有ります。
実は私は中学2年の時横浜からシドニーまで日本郵船の「瑞陽丸」で2週間の航海をした事が有り、確か博物館の壁に日本郵船が保有した歴代の船の絵が描かれていると思いますが、その中に「瑞陽丸」が描かれているか探した記憶が有ります。残念ながら「瑞陽丸」は描かれていませんでしたが、当時の博物館の館長(船長経験者)から自分は同船を覚えていると言われ気分良く帰りました。
近いうちに是非「氷川丸」模型を観に行こうと思っています。
Commented by akiotakahashi at 2014-02-27 19:37
KAZUさま:久しぶりのコメントに感謝。中学の頃から国際的な環境で育っているのが解りました。日本郵船歴史博物館の展示が中々充実していたのに感心しました。山下公園の氷川丸にも行きたいと思っています。
Commented by wasitaka at 2014-02-28 21:16
本当に、勤務場所や通勤ルートに恵まれて羨ましい限りです。
私の場合は、田んぼと梨畑などの田園風景が、当社の近隣に広がっております。
Commented by akiotakahashi at 2014-03-02 21:39
washitakaさま:折角良き場所にいるので、充分に楽しむかと思っています。田園風景こそ、心休まる最高の環境です。

<< 京都の老舗パン屋“進々堂”      清里でのスノートレッキング >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30