根府川ライフ


スノー トレッキングの準備

2/8 雪降る中を、スノートレッキングの予行演習をしました。

横浜も20年ぶりの大雪で、翌週(2/15-16)に小諸の高峰高原でのスノートレッキングに山の仲間と行くのを思い出した。
仲間の大勢は近代的なスノーシューを借りるが、旧式の輪カンジキを持って行くので整備をした。

スノー トレッキングは爽快で大好きだが、下り坂でも歩くだけで滑れないのが不満だった。



スポーツ店で短く軽いスキーを探したが、スキー靴にセットする重量タイプしか無く、漸く子供用売り場にプラスチックのスキー(2000円)を見つけ準備していた。

幼児用なので登山靴にセットするにはバンドが短かすぎて、仕方なく長靴に取り付けて自宅近くの坂道で試した。
長さ40cmでは不安定で危なく、スイスイ滑れず、バンドの金具もチャチで直ぐに壊れた。

長靴でもよいので、皆が歩いている横をサーと滑って差をつけるように、このスキーを工夫するのが、この1週間の楽しみです。
[PR]
by akiotakahashi | 2014-02-08 13:44 | | Comments(4)
Commented by rollingwest at 2014-02-09 07:00
2週連続のスノーシューですか!清里では久しぶりにご一緒できるので楽しみにしております。(千頭星山依頼ですね。)下り専用装備も・・!オリンピック開幕に意気込み過ぎて我々をおいて行かないでくださいね。(笑)
Commented by akiotakahashi at 2014-02-09 09:52
RWさま:スキーが40cmでは、先端が雪に潜り、滑りにくいことが解りました。何とか差をつけたく思案中です。清里を楽しみにしています。
Commented by wasitaka at 2014-02-09 15:02
雪山にも挑戦ですか、凄い気力と体力、そして創意工夫に脱帽です。
どうぞ気を付けて楽しんで来てください。
Commented by akiotakahashi at 2014-02-09 18:53
washitakaさま:雪山と大げさなものでなく、雪靴わ履いたハイキングです。好天で暖かいときは、空の青と雪の白の風景が素晴らしいので、天気だけを祈っています。

<< 水島ゆかりの技術屋仲間の集まり      「三菱みなとみらい技術館」と重... >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30