根府川ライフ


京都清水寺の紅葉と京料理「下賀茂茶寮」

12/7 京都清水寺の紅葉を愛でました。

日の出に合わせて入山したので、参拝者は少なく、清水の舞台から一面赤に染まった紅葉谷(錦雲渓)をゆっくり見下ろすことが出来た。



境内の散策路は一方通行になっていて、自然に寺の外に出てしまった。門番がいないので、次回は出口から後ろ歩きで入山するかと考えた。

誰もいない清水の舞台は珍しい。  冥界への入口・六道珍皇寺の迎え鐘(六道の辻)

創業157年の京料理老舗「下賀茂茶寮」で、昼を食した。
世界無形文化遺産に和食が登録され、和食の季節の食材、微妙な出汁加減、美しき盛り付けに優れるのは認めるが、質より量が好みの採算優先指向には、肌が合わない。

下賀茂茶寮、    メイン料理がこれとは寂しいが・・


一汁一菜、一汁三菜の日本文化の伝承と言っても、パンより高い米をTPPで安くして、米食回帰させるのが優先かと思いました。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-12-08 21:50 | | Comments(6)
Commented by rollingwest at 2013-12-09 07:12
京都に行っておられたのですか!今年の11~12月は天候が安定しており紅葉を楽しむには本当に最高のコンディションが続きました。奥様孝行かと思いますがいい時間を過ごされましたね。
Commented by wasitaka at 2013-12-09 07:45
早朝の清水寺と見事な紅葉、来年は一方通行の逆歩きも含めて、我が家でも京都観光を計画したいと思います。実に良い情報をありがとうごっざいました、と同時に、実に優雅な奥様孝行旅行でしたね。
Commented by alkinist at 2013-12-09 10:51
下賀茂茶寮の上品な食事より、私は山上の餃子を選びますねえ。奥様孝行も、大事ですが・・・失礼。単なるひがみです。
Commented by akitaka at 2013-12-09 21:45 x
RWさま:母の見舞いに行ついでに、一人で清水寺に行っただけです。秋も終わりですが、最後の紅葉で、京都はモミジの木が多いのが解りました。

washitakaさま:秋の京都にも人気がある理由が改めてわかりました。観光の季節は人出が多すぎますが、早朝が狙い目かも知れません。そのかわり昼間をどうするか問題ですが・・

alkinistさま:小生も山上の餃子です。更にレンタカーで酒も飲めないのでは、面白くもありません。今回は病院検査前の母を連れて行きましたが、お忍び旅行なら京料理も楽しいかとも思いました。
Commented by KAZUさん at 2013-12-10 09:57 x
清水寺の紅葉は素晴らしいですね、お母様孝行とはご立派です。
前回のakioさんのブログに掲載された富士山の写真が素晴しかったのが印象に残っており、6日の朝天気が良かったので女房孝行も兼ねて富士山一周のドライブを思い立ち、中央高速、富士五湖、朝霧高原、富士裾野、御殿場、東名高速と約300Km走り富士山を略一周しました。
幸い終日天気が良く最初から最後まで富士山の雄大な姿を観ることが出来改めて富士山の素晴らしさを実感した一日でした。


Commented by akitaka at 2013-12-10 21:07 x
KAZUさま:ご訪問感謝です。富士の写真が機になり、奥様とご一緒にドライブされたと知り嬉しくなりました。富士山は何処で見ても素晴らしく、世界遺産は当然で、日本の宝ですね。

<< “F山の会”の忘年会 at 巣...      山梨・帯那山忘年登山と水餃子鍋... >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31