根府川ライフ


石橋の合戦「石橋山古戦場」跡地と佐奈田霊社

9/1 源頼朝が挙兵した初戦で大敗した「石橋山の合戦(1180年)」の跡地を訪ねました。

小田原と根府川間の崖上にあり、頼朝以下300名と大庭景親の軍勢3000名との戦いで、頼みの三浦の軍勢は増水した酒匂川で川を越えらずに大敗した。

25歳の若武者佐奈田与一は敵将をねじ伏せたが、血で固まって抜けなくなった小刀を必死に抜こうとしている間に別の武士によって殺された。

(与一塚と佐奈田霊社、   真田与一と俣野五郎・武勇高名組討錦絵, 歌川芳艶


佐奈田霊社は、“与一がのどに痰が詰って声が出ず、味方を呼ぶ声が出なくなった“伝えから、たん、咳、ぜんそく、声に霊験があるとして知られ、霊薬(のど飴)が売られているのも面白い。

伊豆から出てきて、何故こんなところで戦をしたか解らないが、相模湾を見下ろす風光明媚な崖の上の古戦場跡でした。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-09-01 19:35 | 根府川とミカン | Comments(4)
Commented by rollingwest at 2013-09-01 20:37
鎌倉湘南探訪はいつかこのi伊豆山神社や石橋合戦場跡など頼朝史蹟まで足を広げたいと考えているので参考になります。情報を頂きありがとうございました。
Commented by wasitaka at 2013-09-02 05:56
「石橋の合戦」は知りませんでした。しかし佐奈田霊社がその故実を商売につなげるとは、いかにも日本的で面白いですが、龍角散ほど知られていないのはどうしてでしょう。惜しいですね。
Commented by akiotakahashi at 2013-09-02 05:57
RWさま:歴史に造詣の深いRWさまの参考になって嬉しいです。頼朝、義経の足跡をたどるのも面白そうですね。
Commented by akiotakahashi at 2013-09-02 06:00
washitakaさま:佐奈田霊社は声の神様で歌手も来るそうです。800年間細々と霊薬を売っているかと考えると面白いです。

<< 渋谷での集まり      横浜美術館「プーシキン美術館展... >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30