根府川ライフ


終戦記念日の「終戦のエンペラー」観賞

8/15 終戦記念日に「終戦のエンペラー」を観ました。

お盆で通勤電車もガラガラで、職場も休みが多くヤル気も起こらず、仕事を止めて出掛けた。日本映画は実に高倉健、菅原文太のヤクザもの以来30年振りで、良い映画だった。

あらすじは、終戦直後にマッカーサー元帥が天皇の戦犯容疑(犯罪)の有無、真の責任者は誰かを10日間で調査するもので面白いが、担当将校と日本女性との思い出を絡めるのが余分。

東京大空襲での焼け野原、闇市、酒場などの映像がリアルで面白く、廃墟から良く復興したもので、マッカーサーGHQと当時の政治家、官僚はよくやった。


(映画チラシ、netより      有名な二人並んだ写真、netより    大混雑の切符売り場)

天皇陛下とマッカーサーとの会見も、昭和天皇の誠実そうな雰囲気が良く表れた好演技でした。
50年前の「明治天皇と日露大戦争」の映画では、天皇役の嵐寛寿郎が恐れ多くて悩んだが、現代の役者(片岡孝太郎)は何も感じないのではと思いました。

「四方の海、皆同胞(はらから)と思う代に、など荒波の立ち騒ぐらむ(明治天皇ご詠歌)」を、中国、韓国、北朝鮮、アルカイダの連中に教えてやりたい・・
[PR]
by akiotakahashi | 2013-08-15 16:57 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)
Commented by wasitaka at 2013-08-16 11:34
私も当分の間、日本映画を劇場で見るという機会はありませんでした。この映画も、どうやらこの鑑賞評価をお読ませていただくだけで充分と感じました。ありがとうございます。
Commented by akitaka at 2013-08-17 06:41 x
washitakaさま:予告編を見ていると面白そうなのが多く、シルバー料金1000円での映画を見る機会が増えそうです。10月の映画「おしん」を観たくなりました。
Commented by rollingwest at 2013-08-17 07:50
この映画見てみたいんですよね~。でも小生は殆どの映画はロードショウで見ずにDVDやBS放映待ちですが・・(笑) このGWに山形鶴岡映画村も訪ねて、おしんの生家やロケセットも見て参りました。10月映画公開の直前あたりにレポート公開する予定です。
Commented by akitaka at 2013-08-18 07:55 x
RWさま:予告編で「おしん」がありましたが、ロケ地をお訪ねだったとは、行動範囲の広いRWさんです。先日「24の瞳」のリメイク版のテレビを見て面白かったですが、前のと較べられそうで気の毒です。

<< 携帯ステンレス保冷ボトルの有効利用      横浜地区の同期会mini43会 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30