根府川ライフ


韓国釜山のグルメツアー (その1)

7/4-6 韓国釜山に友人とグルメツアーをしました。

3年前に韓国一周ツアーに参加したが、釜山の魚市場チャガルチ市場での自由時間が短く残念でリベンジ。

(未だ客の少ない場外市場、 朝からチャガルチ市場での宴、さんま焼き、チジミをサービスしてくれた)
 

①焼肉(プルコギ)
焼肉店に入り、骨付き牛カルビ、骨付き豚カルビ、サムギョブサル(豚3枚肉)を注文した。韓国人の客ばかりの店だが、肉ごとに網、鉄板を変える気配りに感心し、美味しく満足した。
牛さし(ユッケ)を食べたかったが、言葉が通じず残念。

②刺身
20年前のチャガルチ市場では、生け簀にいる魚を指して、アレコレ注文して、横の机で食べていたが、2階の食堂で食べるシステムに変わっていた。刺身盛りに加えて韓国でも高価なアワビを頼んだ。朝9時で客もおらずに、食堂を独占して、ビール・焼酎での宴を大満喫。
調理魚のあら汁がまた素晴らしく美味しい。量が多すぎて、活けタコ刺身、蟹まで回らずに残念。

(骨付き牛カルビの切り分けサービス、  刺身盛りとあら汁、  アワビ刺し)


③魚の寄せ鍋
魚の寄せ鍋(ヘムルタン)は、魚だけでなく、活けタコとアワビも入る豪華鍋で美味しい。タコの頭を別けて何か言っていたが、鍋でハサミで切ると、墨がでて汁が黒く濁ったのは語学力不足。
また、食べた後に、ご飯と卵を入れて雑炊にしたかったが、言葉が通じずに残念。

④冷麺
口直しに氷の浮かんだ冷麺を2回食べた。素麺みたいな細麺で長いので、ハサミで切って食べるのが面白い。海外では生水は飲まないことにしているが、氷なら食中毒の菌も凍えて弱っているかと自分で納得させた。

(活けタコの入る海鮮鍋、  ハサミのついた冷麺、  街の果物屋でウリを切ってもらう)


次回は、呆けないうちに屋台主体のツアーとし、それまでに韓国語会話を研究して再リベンジを誓いました。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-07-06 18:06 | | Comments(4)
Commented by wasitaka at 2013-07-07 15:10
実に美味しそうな料理がならんでいますね、そのチャガルチ市場では3年前に家族全員で大宴会を開きました。極めつけは特大のオマールエビ、そしてお土産に蟹のキムチやチャンジャを大量に購入して親戚や友人に配り、これまた大好評でした。私はもう一度行きたいのですが、家内が韓国は嘘ばかり言う国だからもう2度と行きたいとは思わない、ということで実現不可能です。
Commented by akitaka at 2013-07-07 17:58 x
washitakaさま:魚は釜山ですね。一族郎党で釜山までお出掛けできるのは、家庭が円満な証拠です。国も政治家も、建前ばかりの嘘ばかりで、慣れてきました。潔癖な奥様で、washitakaさまも苦しそうです。
Commented by rollingwest at 2013-07-08 21:33
韓国によく行かれておりますね。外交面では冷たい関係にあってもこの様に草の根・食の根で交流されていることは両国の経済発展・維持のためには大切なことですね。ちなみにドメスティックなRWは韓国に足をふみいれたことがありません。
Commented by akitaka at 2013-07-09 20:37 x
RWさま:若き女性とは縁はありませんが、人類みな兄弟です。異国の文化、食事もたまには良いものでした。RWさまは、当然奥様同伴です。

<< 7/4-6 釜山ツアー(その2...      川崎の蕎麦屋「そじ坊」 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31