根府川ライフ


京都伏見の寺田屋と奈良桜井の箸墓古墳(卑弥呼の墓?)

彼岸入りの3/17、 京都西本願寺・大谷本廟に墓参りしました。膨大な墓から見える八坂の塔の桜はピンク掛かっているが未だ蕾み。

帰途、伏見付近で道を間違えたところに“寺田屋”を見つけ、坂本竜馬が逃げ延びたルートは何処かと眺めた。京都からかなり離れており、新撰組も行動範囲が広くて大変です。

<大谷墓地から見える京都八坂の塔の桜も蕾、  伏見・寺田屋(後から建てた偽物だとの検証もある)>


奈良・桜井の実家近くに、2月に初めての学術調査があり話題になった卑弥呼の墓とも云われる“箸墓古墳(全長280m)”がある。昔は古墳の上に道があり、道端や周濠から、土器・埴輪・鏡・刀が出土したと聞いていた。

<宮内庁管理の箸墓古墳正面、   前方後円墳のくびれが解る(向こうが円型)古墳と干上がった堀>


散歩で行ったら溜池として使っている周濠が半分干上がっていた。立ち入り禁止の柵を越え、棒を持って泥の中を漁ったが、お宝の収穫はなく残念。

次は、深夜にシャベルを持って出掛けて、古墳本体を掘削するかと考えました。
[PR]
by akiotakahashi | 2013-03-18 20:32 | | Comments(3)
Commented by wasitaka at 2013-03-19 06:37
akitakaさんの文化的で学術的な行動の素因は、このように歴史的な環境で育ったことにあることを再認識しました。箸墓古墳は先日学術調査が入り、その成果を期待しているところですが、何故宮内庁は他の古墳の学術調査を拒否しているのでしょうか。古代史における朝鮮半島との、密接な関係が明らかになりすぎることを警戒しているのでしょうか。個人的には若干の不安があるものの、明らかにしてほしい気持ちです。
Commented by rollingwest at 2013-03-20 07:25
大神神社&山の辺の道も10年程前に家族で歩いたことが懐かしいです。箸墓古墳も卑弥呼の墓ではないかと興味深々、次回は大神神社をもう一度参拝し三輪山の頂上に立ちたいと思っております。(許可制での入山らしいですが・・)
2~3日後に「出雲大社」の記事を公開しますが、出雲大社と三輪山・大神神社、そして伊勢神宮が深い関係であることがよくわかりました。
Commented by akitaka at 2013-03-21 06:21 x
washitakaさま:古墳を天皇陵に割り振って、宮内庁管轄で神聖な場所のしているようです。神聖な御陵を暴くなど不敬罪ですが、ドンドン貴重な文化遺産が朽ちるのを考えると、天皇がやりたいと言うしかありません。

RWさま:3年前三輪山に登りBlogに投稿しました。写真撮影禁止の参道風景を掲載したところ、早速信者からクレームのコメントがきて削除しました。出雲と同じく全国の神が集まりそうな、石の広場が印象的でした。RWさまの出雲紀行を楽しみにしています。

<< みなとみらいMM21の桜      北九州市の門司港駅と小倉の街 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31