根府川ライフ


久留米の海の幸と屋台

10/25 久留米で久しぶりに海の幸を味わいました。

有明海の生牡蠣、透明な生きイカ、関アジみたいな活け鯵を食べた後、イカの足と頭は天ぷら、アジの頭と骨は唐揚げにしてもらい満足です。



地酒も飲んで4000円とは、九州の地元だからこそです。

久留米は屋台発祥の街で、今でも屋台が残っており、「あかねちゃん」に入った。名前はかわいいが、おばさんで残念。

独身のころは、飲んだ後に屋台のラーメンを食べて、近くの芝生でよく寝込んだことを、思い出した。

その頃も、ラーメンどんぶりをバケツの濁った汚い水で洗っていたが、今も変わらないのが、屋台文化です。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-10-26 07:04 | 趣味(グルメ) | Comments(3)
Commented by wasitaka at 2012-10-26 11:52
九州は長崎や大分、福岡、鹿児島を始めとして何度も足を運びましたが久留米は未踏破です。akitakaさんの度重なるグルメ出張記を読むと、次の目的地としたくなります。機会を作れたらこの海鮮居酒屋や馬肉屋などを是非紹介していただこうと思っています。よろしくお願いします。
Commented by rollingwest at 2012-10-27 12:26
関アジ・関サバ、食べたことがないです。こんな新鮮な魚介類を空揚げにして食べるとはまた贅沢ですね~!
Commented by akiotakahashi at 2012-10-27 17:35
washitakaさま:久留米はブリジストンの街で活気があり、焼き鳥屋密度日本一、海鮮料理店も多くよきところです。

RWさま:仰せのとおり、安くて贅沢な気分に慣れるのが魅力です。

<< 倉敷の画廊喫茶での「かけだしス...      世界遺産・高句麗古墳壁画 at... >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31