根府川ライフ


尾瀬ヶ原の草紅葉と至仏山登山 & タオル4ways発明品

10/13-14 今年最後の夜行日帰り尾瀬ツアーバスで、至仏山(2228m)に登り、尾瀬ヶ原を散策しました。

5時過ぎに鳩待峠に着き暗い中を歩き始めた。

冬眠を前に熊がカロリーを貯めていると珍しく優しいアドバイスに従い、現世に未練があるのでリュックに鈴をつけた。熊はいなかったが、木道は霜で、また蛇紋岩も滑り易く、2回も滑った。

(会津の山々の朝焼けが美しい)


尾瀬ヶ原は一面の草紅葉で赤く染まり燧ヶ岳、至仏山が映え素晴らしく、池塘の水草ヒツジクサも黄色く色付き美しい。

至仏山への藪でチョロチョロ動く動物を見た。イタチか野ネズミかと思い石を持って構えたが、オコジョだとわかった。初めて見るが、15cm位の小型でアチコチ動き回るので焦点が決まらず、30分かかって写真を撮った。



至仏山から見下ろす尾瀬ヶ原も赤く秋らしく、眺望は360°の大パノラマだが、浅間山しか知らないのが残念です。

(燧ヶ岳と草紅葉・池塘、 至仏山山頂からの燧ヶ岳と尾瀬ヶ原の草紅葉)


山で使うタオル4waysの発明品をご紹介;
(外観は紐のついたタオル  ①頭に結んで汗取り帽子 ②パンツが無いときに腰前に結んで褌  ③露天風呂で腰後ろに結んで金隠し ④温泉タオル)


ご興味あれば、「picasaweb写真」をお開き下さい。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-10-15 00:16 | | Comments(4)
Commented by rollingwest at 2012-10-15 21:54
素晴らしいコンディションに恵まれこの時期に訪れる尾瀬も実に魅力的ですね。オコジョは北アルプスにしかいないものと思っていたのでびっくりいたしまた。今回はお一人で行かれたのでしょうか?
Commented by alkinist at 2012-10-15 21:55
4Waysタオル、噴き出してしまいました。あのスナップは他人に撮ってもらったのでしょうか?まさかとは思いますが・・・
Commented by wasitaka at 2012-10-16 06:45
夜行日帰りで2200mの登山を実行される体力は、実年齢よりも10歳以上若いですね、いつも感心させられます。そして今回は多利用タオル開発をご紹介されるなど、akitakaさんの発明品は猿対策などの畑用だけではないことを再確認いたしました。
Commented by akiotakahashi at 2012-10-16 19:57
RWさま:至仏山山頂からの草紅葉の眺めは価値ありました。家内に拒否され一人です。

alkinistさま:中々使い易く気に入っています。山頂での金隠しは、若者に撮ってもらいました。

washitakaさま:実際のの高低差は870mでマラソンに比べると楽なものです。多利用タオルは使い易く気に入っています。

<< 世界遺産・高句麗古墳壁画 at...      世界最速の男・ボルト >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30