根府川ライフ


根府川のミツバチとツバメ, 白楽天「燕詩」

6/10 根府川に3週間ぶりに草抜きに出掛けました。

ミカンの花は既に散って5mmほどの果実が育ちつつある。受粉のために置いた蜂蜜箱のミツバチも、花が少なくなり可哀そうに見える。



暖かい雨の多い季節は、雑草の成長がもの凄いのに驚きます。キュウリはバットのように巨大になり美味しそうではないが、持ち帰った。

根府川駅の監視カメラの上でツバメが子育てをしていたが、子ツバメが巣立ちして淋しそうに籠った親ツバメの頭が見えた。

親心に泣かされる白楽天の「燕詩」を思い出しました。
(4羽の子ツバメを、嘴、爪破れながら育てたあと、子は親を振り返りもせず飛び去り悲しむが、自分も同じことをしたのだ・・)

漢詩の一部を:

雌雄空中鳴 (雌雄空中に 鳴き)
聲盡呼不歸 (聲盡(つ)くるまで呼べども 歸らず)
却入空巣裏 (しりぞきて 空巣の裏に入り)
啁啾終夜悲 (ちょうしゅうして終夜 悲しむ)
燕燕爾勿悲 (燕よ燕 なんじ 悲しむことなかれ)
爾当返自思 (なんじ まさに返って自ら思うべし)
思爾為雛日 (思え なんじ 雛たりし日)
高飛背母時 (高く飛びて母に背きし時を)
当時父母念 (当時の父母のおもいを)
今日爾応知 (今日 なんじ まさに知るべし)

[PR]
by akiotakahashi | 2012-06-10 20:54 | 根府川とミカン | Comments(4)
Commented by rollingwest at 2012-06-11 06:08
養蜂家でもあったのですか~!最近、ミツバチふが少なくなり農作物受粉への影響が大きいと聞いていますが、この箱を置いておくだけで蜂が繁殖するのですか?日本の生態系維持のためにも是非とも蜂の増殖をよろしくお願いいたします。燕は巣立ちに当たって親に感謝しない鳥なのですか?せっせと餌を上げ、外敵からヒナを守り、必死に育て上げたというのに・・。
Commented by akiotakahashi at 2012-06-11 20:24
RWさま:単にオーナー、隣の園主が養蜂箱を置いただけです。仰せの通り、蜜蜂が少なくなって箱の単価も4万円に値上がりしました。ツバメよりスズメの方が、子の親に対する敬愛は深いそうです。
Commented by wasitaka at 2012-06-12 18:56
養蜂箱がすぐそばに置いてあるとは驚きました。危険性はないのでしょうか。ミカン畑のオーナーが設置してあるということは、自然の蜂蜜なども購入可能ですか。自然たっぷりですね。
Commented by akitaka at 2012-06-12 22:51 x
washitakasama:仰せの通りレンゲ、菜の花、などから集め貯めた蜜蜂は、不老長寿の漢方薬です。臭いが強い方が効きそうです。

<< 高齢者グループの桜木町での集まり      横浜みなとみらい(桜木町)の勤務 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30