根府川ライフ


大和三山と久延彦神社

5/27 三輪山山麓の久延彦(くえひこ)神社から大和盆地の国見をしました。

平地に大和三山がポコポコと浮かぶ姿は古代人・飛鳥人にも面白く見えたようで、万葉集(中大兄皇子)の「香具山は畝火を愛しと耳成と相あらそひき 神代よりかくにあるらし 古昔もしかにあれこそ  うつせみも妻をあらそふらしき」のとおり、何時の世も三角関係、二股交際はあるようです。

(大和盆地・耳成山と畝傍山(香具山は左の雲の中)、右は三輪神社の大鳥居)


久延毘古命は、「足は行(ある)かねど天下のこと尽く知れる (どこに行かなくても世の全てを知る)」知恵の優れた神様と古事記に記されているそうで、無理と知りつつ頭脳回復、呆け防止の祈願をしました。

(久延彦神社入り口、  田植え準備の田起こし作業と三輪山)


久留米の帰りに奈良に立ち寄る月末の生活パターンが出来上がったみたいです。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-05-28 05:54 | | Comments(3)
Commented by wasitaka at 2012-05-28 21:08
久留米出張の時に奈良に立ち寄るパターンとは中々良いですね。私も仙台出張の際に、古川に行く機会を極力作るようにしています。
ところで私は奈良へはこれまで2回行く機会がありました。一度は家族連れで、もう一回は出張です。機会を見て、のんびりと歴史観光をしたのですが、当面は無理なようです。
Commented by akiotakahashi at 2012-05-29 06:50
washitakaさま:安易に出張に合わせて高齢の親に顔を出すだけですが、無駄なく動けて助かっています。奈良/京都は修学旅行の指定地ですが、場所によって行く場所が違うのですね。小生は、小中高とも修学旅行は京都・奈良でした。
Commented by rollingwest at 2012-06-03 08:21
大和三山と大三輪神社の大鳥居が見えるこのような場所がありんですね!素晴らしい~!是非ともここに行ってみたいです!

<< 山形・祝瓶山(1417m)登山      久留米の馬肉屋「憲五百」 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31