根府川ライフ


タマネギとソラマメの宴

5/5 誰も相手にしてくれず、天気が良いので根府川に草抜き、ミカンの施肥に行きました。

子供の日に、両親に連れられハイキングをしたのを思い出したが、子供たちを連れて行った記憶がないが不思議。

猿の出没が始まったと聞いてはいたが、100本植えたこれから成長する美味しそうな白い厚肉タマネギが、無残に食べ捨てられてて全滅しているのにガッカリ。今年は大成功だったソラマメも小さいのを残して、これも全滅。

明け方、猿がタマネギの宴をして喜んでくれたかと想像し、これも功徳かと諦めた。



やられる前に食べたほうが賢そうなので、食べ残しの未熟のソラマメ、サヤエンドウを茹でてビールのつまみにしました。つぼみのブロッコリーも緑が鮮やかで美味しく、草抜きする気もなくなり、ラジオを聴きながら海を眺めて過ごしました。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-05-05 17:32 | 根府川とミカン | Comments(2)
Commented by rollingwest at 2012-05-09 22:45
ちょっと目を離したすきに大切に育てた野菜や果物を猿や烏に喰い荒させると自分の積み重ねた努力が一瞬に奪われた気持ちで愕然とするものと思います。でもこのような障害や悔しさがあるからこそ、それを乗り越えて収穫した喜びは一段と大きいものなのでしょうね。

Commented by akitaka at 2012-05-11 06:28 x
RWさま:遊びなので深刻さはありませんが、鳥や猪、鹿などの野生動物と戦う農業のプロの苦労がわかります。すでに去ると共存するかと悟ったところです。

<< タイ産のデビラカレイ      狩野松栄の掛け軸 “石榴” >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30