根府川ライフ


バンコク歴史文化ツアー・その2<食事編>

食事はバンコクの楽しみの一つでもあり、タイ語で注文できるように勤務時間中に勉強した。

1. 海鮮料理
ホテル近くのタイ人客が主体の海鮮料理屋が気に入り、連チャンで食べた。
蟹のカレー炒め、海老と春雨の醤油煮、スズキの醤油蒸し、タイ式辛スープを、持込みしたバレンタイン17年の水割りと共に楽しんだ。ウイスキーの持ち込み料が要らないのも嬉しい。
蒸し大蟹は特に豪華で美味。

(左:ビール込で1人当り初日は1200円、 右:2日目は蟹があったので2100円)


2. タイスキ
老舗「Coca」本店でのタイスキ(海鮮・肉・野菜などの寄せ鍋)は、日本人好みの味付けで美味しく懐かしい。大量の踊るエビを鍋に入れ満腹してもビール付きで1人2400円は値打ち。

(初めに生き海老を入れ茹でた後に各種の具を入れる)


3. 街の屋台・食堂
一人の時は街の屋台・食堂に行く。メニューは読めないが、食べている人の皿を指して「アニー(あれ)」で不自由はない。熱いスープ麺が具沢山で好み。

(ビール2本とサラダで600円、   魚ボール麺,120円)


夕方5時までは食堂でもアルコールの販売が禁止されている国策には感心した。仕方なくセブンイレブンに行ったが同様で、仕方なく高いホテルの冷蔵庫のビールを飲んだのが悔しい。
[PR]
by akiotakahashi | 2012-04-24 21:53 | | Comments(0)

<< バンコク歴史文化ツアー・その3...      バンコク歴史文化ツアー・その1... >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30