根府川ライフ


奈良国立博物館の第63回正倉院展

10/29 奈良国立博物館・第63回正倉院展(10/29-11/14)に出かけました。

今回の目玉は、織田信長、明治天皇が切り取り、香を嗅いだ「蘭奢待」の香木。小片かと思っていたが、長さ1.6mの巨大な香木です。

太刀、箱、鏡なども1300年前のものとは思えないほどの、見事な細工と保存の良さに感心した。同じ展示物が出るのは、10年先と聞きこれが見納めかとジックリ鑑賞した。

奈良国立博物館      正倉院展案内(右上:香木「蘭奢待」)


春日山と鷺池の浮見堂(紅葉には早い)


10/30 ”奈良時代の謎のピラミッド”と話題になった春日大社近くの「頭塔(ずとう)」の特別公開に行った。
一辺40m、高さ10mの階段状の石積みの各段に石仏が彫られているのが、面白い。
僧玄昉の首塚、石積の五重塔とも言われており、22の如来の姿は素朴で骨董価値がありそうです。

頭塔     頭塔復元図    浮彫の石仏


珍しく文化的に秋の休日を過ごしました。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-10-30 22:24 | 趣味(骨董、美術) | Comments(3)
Commented by rollingwest at 2011-10-31 22:12
奈良の正倉院展、是非とも行ってみたいですが、また再び奈良に遠征するわけにもいかず、またいつか上野に来てくれると信じています。
「蘭奢待」のそれぞれの文字に「東大寺」の文字が隠されているのも、奈良時代の人の洒落・粋を感じますね。小生のオヤジギャグとは違う優雅な香りと上品なネーミング、さすが東大寺・正倉院の香木ですね。
Commented by wasitaka at 2011-11-02 06:13
確実に正倉院展に足を運ばれるとは、さすがにakitakaさんですね。頭塔も興味津々ですが、目先の仕事と犬の病気のために行く機会を失ってしまっています。私の文化的な日は何時やってくるやら。
Commented by akitaka at 2011-11-02 06:48 x
RWさま:「蘭奢待」隠し文字のご知識の深さに感心しました。1時間待ちの大混雑でした。

washitakaさま:何時もお忙いご活躍です。仕事、海外、畑、犬、奥様とバランス良い時間の配分に感じ入っている所です

<< 友人の墓参り      田川の石炭歴史博物館と山本作兵... >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30