根府川ライフ


尾瀬ケ原のニッコウキスゲ

7/16 夜行日帰りのバスを使って、尾瀬に行き、早朝5:30鳩待峠から富士見峠、見晴、山ノ鼻の周遊コースで13:30下山した。



富士見峠ルートは、昔は雲上の楽園と言われた人気コースだったが、アヤメ平の湿原が荒らされ回復が出来ずに、、登山客が少ない。後に至仏山、前に燧岳を、右に会津の山々を眺めながら、ワタスゲの穂が朝日に輝く湿原を歩くのは、爽快です。

東京電力が、アヤメ平湿原回復に努めているが、原発事故のために放棄しそうで残念です。
国の政策で、国の基準に従って原発を増設し、国の機関で安全性を審査した原発での、巨大地震で起きた事故なのに、責任を東電だけに擦りつけ、安易に原発廃止とは、何処まで無責任な菅政権かと怒る。

(会津の山々を背景にアヤメ平のアヤメ 東京電力のアヤメ平湿原回復事業)


(ワタスゲが輝く横田代湿原  尾瀬ケ原・池溏に映る至仏山)


見晴の尾瀬原が望めるテーブルで、生ビール付き朝食。
(生ビール700円は値打ち、手前は焼きソバとキュウリ)

ニッコウキスゲは少し早いかと諦めていたが、竜宮付近は、尾瀬ヶ原がニッコウキスゲで黄色く覆われ、至仏山・燧ケ岳を背景に素晴らしき光景でした。

家内から「時間があるなら、暑中見舞いに母親のところに行くべきだ!」と罵られながら出かけたが、ニッコウキスゲの群生が見れて、高低差は少ないものの21kmを余裕を持って歩け、多少は自信がついた価値ある一日でした。

ご興味あれば、「picasaweb写真」をお開き下さい。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-07-17 06:08 | | Comments(4)
Commented by rollingwest at 2011-07-17 07:13
まさに真夏の尾瀬を満喫ですね!お母様の暑中見舞いをメインと行事と称しながら、尾瀬を奥様をお連れしてその足で暑中見舞いという計画にしてみたら、夫婦円満になったかも・・!そのようなシナリオ選択に持ち込む雰囲気にはなかったのでしたでしょうか?(笑)
Commented by akiotakahashi at 2011-07-18 06:24
RWさま:楽をしてキスゲを見れる場所の選択は、難しいですね。尾瀬も、水芭蕉も良いですが、ニッコウキスゲの群生は見事でした。
女子サッカー米国戦の延長PK戦で勝ったところです。頑張ばったナデシコ日本!
Commented by masaok15 at 2011-07-18 11:04
今回はニッコウキスゲの群落が見れて何よりでしたね。私も東京に単身赴任している頃、ツアーバスや電車利用で尾瀬には四季を通じて何回も通ったことがあります。・・・水芭蕉やニッコウキスゲもいいですが、丁度良い時期に行ければ秋の紅葉も見事ですよ。
今朝は私も女子サッカーW杯をTV観戦していましたが、なでしこジャッパンがアメリカを破ってのまさかの優勝は実に嬉しい限りです。
Commented by akiotakahashi at 2011-07-18 13:39
masaoさま:夜行日帰りは、無理な行程ですが、時間の無駄が無く、安いのに魅力があります。雪の前の尾瀬も良さそうですね。
それにしても、決勝戦での、ナデシコ日本の32才沢とゴールキーパーの活躍は見事で、テレビで放映される場面を何度も見ています。

<< 横浜ベイサイドマリーナのバザール      上田の戦没画学生慰霊美術館「無言館」 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30