根府川ライフ


上田の戦没画学生慰霊美術館「無言館」

7/9-10 梅雨開けの炎天下を、霧が峰、信濃上田にドライブしました。

霧が峰・車山肩のヒュッテのベランダで、コーヒーを飲むのが、年に一度のささやかな楽しみです。

ニッコウキスゲは、パラパラと咲き始めだが、蕾が多く今年は花の多い年のようです。



上田にある戦没画学生慰霊美術館「無言館」には、19-35才で戦死した主に東京美術学校卒の若い画学生の絵画が、遺品と一緒に展示されている。

ユーモアある家族思いの妻、婚約者、親妹などへの手紙や遺族のコメントを読みながら遺作を観ると、皆純真で、若くして未知数の才能が戦争で失われ、生きていれば日本社会、画壇も更に発展したかと残念。

左:戦没画学生美術館「無言館」
右:貧しき農家だが幸福な食卓風景を空想した「家族」(伊沢洋、享年26歳)



ズルズル音がするので見ると、同伴者がハンカチを握り、むせている。恥ずかしいので、他人の振りをして鑑賞しました。

"鬼の目にも涙"と言うが、靖国神社、知覧、沖縄の戦争記念館と同じく、涙無しには見られないのも事実。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-07-10 22:57 | 趣味(骨董、美術) | Comments(5)
Commented by rollingwest at 2011-07-11 05:56
素晴らしい天気と花、そして戦没慰霊美術館に巡り合えて何よりなことです。高速道路は1000円廃止の反動で意外と空いていたのでは・・?
Commented by masaok15 at 2011-07-11 09:22
ここ数年は霧ヶ峰のニッコウキスゲの群落を見ていませんが、時期的にはまだ1週間~10日ぐらい早かったようですね。・・・車山の肩辺りは、満開の時に行くと一面が真っ黄色に染まって見事ですが、丁度良い時期に訪れるのはなかなか難しいものです。
最近は霧ヶ峰もそうですが、八子ヶ峰などの八ヶ岳一帯では、鹿の食害で高山植物が大分やられているようで残念です。
Commented by alkinist at 2011-07-11 20:58
実は八ヶ岳の帰途、霧ヶ峰に立ち寄ろうかとも考えたのですがニッコウキスゲには早かったのですね。大いに参考になりました。
Commented by akiotakahashi at 2011-07-11 20:59
RWさま:無言館には、開館当初から数回訪れ、何時も感動新たです。土日の高速は、1000円廃止でも大渋滞で、事故もありつかれきりました。

masaoさま:ニッコウキスゲは、電気鉄線に囲まれ風情はありませんでした。これも、鹿対策だったと知りました。今年はニッコウキスゲの当たり年になるかと思いました。
Commented by akiotakahashi at 2011-07-12 05:52
同じときに、八ヶ岳に単独登山していたとは、驚きました。梅雨明けの快晴で、眺望も良く何よりでした。今年のニッコウキスゲの群生は良さそうです。

<< 尾瀬ケ原のニッコウキスゲ      異業種仲間の交流会 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30