根府川ライフ


中国江南地方ツアー(その2、電動バイク/自転車)

中国(5/6-13)で、電気自転車・バイクの多いのを見て、中国は合理的な国だと、改めて思いました。

昔は、自転車の大群が走る映像をよく見たが、今は、地方の街でも足踏み自転車の割合は、1~2割程度です。

広大な国土なのでガソリンスタンドの普及より、電気の方が便利で、効率が良いので環境にもよく、静かで、運転コストも安い。
ヘルメットも要らず、3人乗りも問題なく、免許も不要なのは、日本の過剰な規制と比較すると、合理的。

また、アパート、戸建て住宅の屋根には、太陽熱温水器が目立ち、普及が進んでいるのにも、感心しました。

(電動バイク,3万円、  水郷の古民家屋根にも太陽熱温水器)


地球温暖化防止で、中国はGDP当たりのCO2発生量を削減させる目標(2020年までに2005年比で40~45%削減)を立てたが、一人当たりのCO2発生量がアメリカの5分の1なら、これも現実的。

民主政権は、CO2削減25%(同期間)の馬鹿な目標を立てたが、福島原発事故のため、30年前の生活に戻らない限り達成は絶対不可能です。

日本に電動バイクの普及が無いのは、政治と企業の癒着の結果かと疑い、ホンダ、ヤマハの小型バイクも、東南アジア、中東では電動の中国製に駆逐されると考えた。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-05-16 07:01 | | Comments(5)
Commented by chai at 2011-05-17 08:01 x
日本の産業製品は、規格が厳しく、質が良すぎるから高価です。開発途上国と同じ商品で競争すれば負けるのは当然で、高いが売れるところを、マーケットとすべきでしょう。
Commented by wasitaka at 2011-05-17 21:48
電動自転車や電動バイクの普及は知っていましたが、そこまで進んでいるとは驚きです。そうなると電池生産技術も早急に進展する可能性が高く、電気自動車開発へのアドバンテージも出てきそうですね。一党独裁の強みと云えますが、日本の縦割りや規制によるがんじがらめの弊害が問題です。
Commented by alkinist at 2011-05-18 05:26
20年前の北京では街路を圧する自転車の波に驚き、10年前の上海では急増する自動車と存在しないに等しい交通マナーに驚愕しましたが、電動自転車にソーラーですか、この国の変化はすさまじいですね。
Commented by rollingwest at 2011-05-18 06:15
今回の震災復興にかける日本はマイナスからの再出発、急激に発展し続ける中国や韓国は日本の市場を次々に奪っていくことは確実ですね。天災なので仕方がありませんが、忸怩たる思いを感じます。
Commented by akiotakahashi at 2011-05-18 07:50
chaiさま:少々質が悪くとも安いのを探すのが、一般庶民でしょうか。小生は、その最先端です。

washitakaさま:ご専門の仰せ通り、太陽光発電は日本を追い抜き、電池も間もなくでしょうか。安く大量に生産しているうちに、技術が付いて行くのではと思っています。

alkinistさま:交通マナーの悪さは、国民性でしょうか。15年前には、全国の車両数が軍用中心で3000万台だったのが、1年の新車登録数が1000万台に増加するのには驚愕です。鄧小平も草葉の陰でお喜びでしょうね。

RWさま:技術開示を先端商品の輸入条件とするなど、中国の折衝上手なのには、何時も感心しています。13億の国民を豊かにする努力は、評価しています。

<< 旧M社技術村の強化      お茶つくり >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31