根府川ライフ


ダ・ウィンチ「モナ・リザの秘密」

1/30 「ダ・ウィンチ特別展・モナ・リザ25の秘密」(日比谷公園ダ・ウィンチミュージアム)に出掛けました。

日比谷公園の温室みたいなプレハブで開催されている。

小生は読売新聞の招待券だが、入場料が1800円でも、かなりの入場者がいるのに、日本も文化的になったと感心した。

レオナルド・ダ・ウィンチ(1452-1519)は、「最後の晩餐」「モナ・リザ」しか知らず、モナ・リザの秘密を知っても面白くも無くイマイチでした。

しかし、芸術だけでなく飛行機、天文、水理土木、解剖の分野で、現代科学技術につながる先駆的な研究者でもある天才だと解り、驚きました。

(ヘリコブター図、 乱気流実験図、 人体図 :Wikipediaより)


国内、韓国・中国の近場をチョロチョロしないで、たまにはイタリアに「最後の晩餐」を見に行くのも良いかと、恐る恐る提案しようかと考えながら帰りました。
[PR]
by akiotakahashi | 2011-01-30 14:38 | 趣味(骨董、美術) | Comments(4)
Commented by wasitaka at 2011-01-30 17:30
ミラノで最後の晩餐を、フィレンツェでダビデ像やウフィツィ美術館の名画を、バチカンで最後の審判を、そしてパリでモナリザを鑑賞にお出かけ下さい。各場所で入場の際に、極力ならばずにすむ方法などは知っている限り情報提供致します。
Commented by rollingwest at 2011-01-31 06:30
3年前に東京国立博物館でダビンチ展を見ましたが、美術・芸術・科学技術の他に人体解剖など医術までも研究していたことにビックリしました。
Commented by chai at 2011-01-31 07:21 x
家庭内でも色々気をお遣いのようですね。
Commented by akitaka at 2011-02-01 05:23 x
washitakaさま:ヨーロッパは縁が遠く、イタリアには1度行きたいと思っています。

RWさま:ダビンチ、ミケランジェロ、ガリレオの区別がつきにくく、漸く解ったみたいです。

chaiさま:家庭内、出向先で気を遣い、ストレス発散の場所が無いのが、悩みです。

<< 鶴見・総持寺の「豆まき(節分会)」      東京、千葉在住仲間との土曜の夜 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31