根府川ライフ


白楽天「林間煖酒焼紅葉」の境地

1/8 根府川ミカン園で畑の初仕事をしました。

仲間の畑は、大根、白菜、チンゲン菜など豊作に対して、何も無いのが寂しい。畑を掘り返し、石灰と堆肥を混ぜて、畝を作ったので、春の準備は万全です。

昼からは1人で、ミカンの枝、松葉を燃やして、鍋をした。網の上にワンカップ酒を置いてお燗をし、暖かい日差しの中を海を眺めながら少し酔うのは、家庭・世の憂さを忘れる至福のときです。



ようやく、白楽天の「林間煖酒焼紅葉 石上題詩掃緑苔」 (林間に酒を暖めて紅葉を焼き 石上に詩を題して緑苔を掃う)の域に達した心境です。

「柑畑煖酒焼松葉 土上寝昼掃埃灰」 (ミカン畑に酒を暖めて松葉を焼き 土上に昼寝して埃灰を掃う)
[PR]
by akiotakahashi | 2011-01-08 19:58 | 根府川とミカン | Comments(5)
Commented by rollingwest at 2011-01-09 07:52
青空の穏やかな日、大好きなミカンたちに親心を注ぎ、ご自分の喉越しには美酒を注ぎ・・、まさに至福の時ですね。
Commented by wasitaka at 2011-01-09 15:13
新年のブログにご挨拶も申し上げずに失礼しました。
そして早速ミカン畑の活動を開始されたことには敬服致します。遠方ですからミカン以外の収穫は厳しいことでしょうが、どうぞのんびりと続けて下さい。
なお家内は有田と愛媛のミカンも食べながら、根府川が最高と喜んであります。ありがとうございました。
Commented by CHAI at 2011-01-10 12:37 x
白楽天の漢詩が出てくる知性の深さに感心しました。少し無理している気もしますが・・
Commented by KAZUさん at 2011-01-10 16:44 x
私も海を眺めるのが好きですが、暖かい日差しを受け、焚き火にかけた鍋をつつき、お酒を飲みながら海を眺めるのは最高ですね。

Commented by akiotakahashi at 2011-01-10 20:08
RWさま:何もしなくても育つので、実に理想的な子供達です。

washitakaさま:奥様の言葉に励みがでて、感謝です。仰せの通り、遊びは自分のペースが一番ですね。

CHAIさま:相当無理しました。

KAZUさま:自分の世界に浸れるところが、嬉しいところです。家庭をを忘れられらます。

<< 「みどりの会」の年間登山計画検討会      飲み食べ放題 3000円の焼肉 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30