根府川ライフ


屏風ヶ浦、犬吠埼の大地変動の地層

7/19,20 珍しく千葉・八日市場の工場に日帰り出張があり、折角なので銚子で前泊して屏風ヶ浦、犬吠埼を散策しました。

<第一日目(7/19)>
銚子は、電車を下りると醤油の香りが漂う、また、古い商店が残る街です。
屏風ヶ浦方面への、銚子電鉄の車両はレトロな電車で、多くのマニアがカメラを構えている。

屏風ヶ浦は隆起した堆積地盤が波で浸食されて、海抜40mのしま模様の絶壁が10km続く海岸の景観は面白く、侵食された砂が流されて、九十九里浜の砂浜海岸になる。

(左より)醤油タンクを背景に銚子電鉄車両  風力発電も見える屏風ヶ浦遠景


海底層と関東ローム層の地層を日本のグランドキャニオン(馬鹿馬鹿しい)と地元では言っているが、長く続く屏風ヶ浦に沈む夕日が見事で見とれました。



魚を楽しみに小料理屋に入ったが、金目鯛煮付けが2500円なのであきらめ、イワシ、ヒラメ、ホッキの刺身で我慢した。それでも、イワシの鉄火巻きは逸品。

<第二日目(7/20)>
犬吠崎は本土で一番早い日の出が拝めるが、朝の4時は無理なので、朝食後にバスで灯台に行きました。

明治7年建設され今も現役の犬吠崎灯台99段を登ると、太平洋の眺望が素晴らしい。

涙無しに見られない「喜びも悲しみも幾歳月」での灯台守の苦労を思い起させます。(犬吠崎があったか忘れたが・・)
”星を数えて 波の音きいて 共に過ごした 幾歳月の 喜び悲しみ 目に浮かぶ 目に浮かぶ ”

地震で津波が起きたら何処に逃げるか、また、このまま流された方が家族社会のためか、と考えながら磯を歩いた。

犬吠崎の地盤は1.2億年前の白亜紀の堆積砂岩で、地殻変動で堆積層が傾いているのが良く解る地学の教材です。

(左より)傾いた地層に立つ犬吠埼灯台   犬吠埼の磯


昼は銚子駅前で、おまかせ刺身定食(1600円)を食べたが刺身も貧弱で残念。氷冷流通が進んだ世界では、都会のほうが安い魚貝が食べれるかと考えました。

午後は、まじめに仕事をこなし、久し振りに充実した2日間でした。

宿のテレビは、今は珍しい100円投入式で、昔はコイン落下式だったので、テレビを横に倒してみたのを、懐かしく思い出しました。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-07-20 18:59 | | Comments(7)
Commented by wasitaka at 2010-07-20 20:37
相変わらずの素晴らしいフットワークですね。銚子や犬吠埼はまだ行ったことが無く、家内との今後の希望訪問先の一つですが、魚料理の評点は信じられませんね。我々の目的は魚料理を楽しむことですから、良く事前に検討することとします。貴重な情報ありがとうございました。なお私も土曜日はテオティワカン遺跡に行って来て、その壮大さに圧倒された次第です。
Commented by rollingwest at 2010-07-21 06:11
屏風ケ浦、懐かしいです。
小生、九十九里浜が大好きで、屏風ケ浦から大東崎までの40kmの砂浜海岸を学生時代に3回踏破しました。(うち2回はサークル仲間と2泊3日、1回は単独で1泊2日で)
もうあの頃のような徒歩踏破は無理ですが、いつかまた九十九里浜を訪ねて若かりし日のよき思い出を再び発掘してみたいと思います。
Commented by akiotakahashi at 2010-07-21 07:36
washitakaさま:小生は、単純にコスト見合いの評価です。今は東京・地方中心都市の方が、流通が進んでいるので、適度な値段で良いものが食べれますね。
遺跡訪問の話を後日お聞かせください。

RWさま:若き頃のRWさんのお元気な行動がわかりました。九十九里浜をテントを担いで踏破するのも、面白そうです。
館山の海水浴場で、7日間テントを張ってマージャン三昧いした若き頃を思い出しました。
Commented by alkinist at 2010-07-22 16:44
傾いた地層に立つ犬吠崎灯台の写真、興味深く見ました。しかし40KMの砂浜を踏破、それも3回も!以前からRWさんは常人とは違う何かを感じていましたが、やはり・・・
Commented by akiotakahashi at 2010-07-22 21:54
alkinistさま:千葉は近年はTDLしか行ったことはありませんでしたが、中々良きところです。
九十九里浜の踏破も、山より安全そうで、RWさんのようにやってもよいかと、冒険心が湧きました。
Commented by masaok15 at 2010-07-23 09:38
銚子・犬吠埼には、小学校の遠足で訪れて以来行っていませんが、何となく記憶に残っています。銚子の魚市場の魚料理は全て失格・・・とのこと。私が所属している東京の社会人山岳会のメンバーの中に、銚子の網元の娘さんがいますので、余り悪口は言わないで欲しいところなのですが・・・。
Commented by akiotakahashi at 2010-07-23 21:07
masaoさま:房総半島も都心から近場で、自然豊かなのある良き所です。
銚子の魚料理の件、思った事を直ぐ口に出す小生と違い、さすが気遣いのmasaoさんです。早速Blogを改めました。

<< 上野国立博物館「誕生!中国文明展」      200円 ビールの採算 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31