根府川ライフ


日光と尾瀬のニッコウキスゲ

7/9-10 学生時代の友人5人と日光、尾瀬のニッコウキスゲ探索の山歩きをしました。

<第一日目、7/9>
日光霜降高原は、名前の通り霧でしたが、リフト周りは本場日光のニッコウキスゲが咲き誇り見事です。

「華厳の滝」は、前日の大雨により水量が豊かで見応えがあり、明治36年"人生不可解ナリ"の辞を残して華厳の滝へ身を投げた18歳の藤村操を偲んだ。

(左より)日光霜降高原ニッコウキスゲ  水量豊かな「華厳の滝」


夕方5時には、片品温泉の尾瀬岩鞍スキー場に面するホテルに着き、直ぐにOKが持参した高級ワインで乾杯。

夕食も親しき仲間なので、家庭と異なりすごく楽しい。(飲んで直ぐに寝たので、何を話したか忘れて残念!)

f0193510_2143374.jpg

<第二日目、7/10>
前夜は大雨警報の出た豪雨だったが、朝は薄日さす涼しい絶好の日和。
ホテルのバスで8時に鳩待峠に送ってもらい、朝の散歩で仕入れたスキーのストックを手に尾瀬ヶ原に向かった。

湿原のニッコウキスゲは少し早くまばらで、また花の谷間で花の数は少ないが、一面のワタスゲは実に見事でした。

至仏山にかかる雲も流れ、池溏、浮島の水が光る湿原からの眺めは素晴らしい。

(左より)湿原のワタスゲ ニッコウキスゲと至仏山 (下)尾瀬ヶ原・牛首


f0193510_21443388.jpg

梅雨のなかでの最高の天気は、KHの善行の賜物だと皆で褒め称えた。
下山後、ホテルの温泉で汗を流し、爽快な気分で帰ることができました。

(左)尾瀬ヶ原での若き女性との昼食
(右)東洋のナイアガラ「吹割の滝」も馬鹿にしていたが、豪雨のあとでそれなりの迫力



頻尿の小生は、紙オムツを切って入れたビニール袋を、また、UDは、広口ペットボトルを準備したお互いの周到さに大笑いでした。
また、尾瀬の有料トイレは、一回100円でなく、放出量に応じた賦課をするのが公平だと議論した。

UDが作った漢詩をご紹介;
「相逢尾瀬亭 談笑当未終 眷然従此別 卿西我復東」(あいあうおぜのてい だんしょうまさにいまだつきざるに けんぜんとこれよりわかる きみはにしわれはひがし)

ご興味あれば、「picasaweb写真」をお開き下さい。
[PR]
by akiotakahashi | 2010-07-10 22:36 | | Comments(7)
Commented by rollingwest at 2010-07-12 04:11
華厳の滝をこの角度から見下ろせるとは初めて知りました。
吹き割りの滝も例年になく水の量が多く、迫力ありますね。
全国的に春に多く雪が降ったことから、各所の滝はどこも豪快な水量で大きな響きを立てていると思います。
Commented by chai at 2010-07-12 22:04 x
良き仲間で何よりでした。ワタスゲもなかなか綺麗ですね。
Commented by akiotakahashi at 2010-07-13 06:53
RWさま:渇水期に吹割り滝に行ったことがありますが、チョロチョロの糸の滝でしたが、水量が多いと見応えがあります。
けちなメンバーなので、華厳の滝はエレベーターで降りずに、無料展望台から眺めました。

chaiさま:花は少なくても、尾瀬の湿原は何時行っても素晴らしいです。
Commented by alkinist at 2010-07-13 07:23
すばらしいお天気に恵まれ何よりでしたね。今時期の尾瀬、爽快だったことでしょう。気の合う仲間と旅をともにできる喜びはなにものにも変えがたいものです。すばらしい奥様とすばらしい友人、贅沢すぎるような気もいたしますが・・・・
Commented by akiotakahashi at 2010-07-13 21:10
alikinistさま:良き友人に恵まれました。学生時代の友人は、暫らく会っていなくても、すぐに以前の関係に戻るところが面白いです。
この中では、小生も山のプロとして崇められています。
Commented by wasitaka at 2010-07-14 11:03
広い交際範囲で沢山の良い友人を持たれ、歴史に山に、更にはお酒にとご活躍されておられますね。私は尾瀬は未踏の地ですので、何とか機会を作って足を運びたいと思います。
Commented by akiotakahashi at 2010-07-14 20:20
washitakaさま:何時も安いツアーを探しています。(今回は、バス一泊ツアー15,000円。元NHKも退職金がもらえず、安いツアーに参加)
天気さえ良ければ、尾瀬は色々なコースがあり、季節に応じた湿原の風景が楽しめます。

<< 200円 ビールの採算      東京の大衆酒場・御徒町「味の笛」 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30