根府川ライフ


「人生二毛作のすすめ」

3/27 根府川で、寒い中をミカンと畑の手入れをして終日過ごしました。

2月にミカンの収穫は終わったが、ミカン樹の剪定、草抜き、お礼肥料とやる事はそれなりにある。

今年は畑を充実させようと、2月末にジャガイモ6kg(90片)を植え、芽が出たのが嬉しく、商売できるくらいの収穫を期待。(右:ジャガイモの芽)

昼食でオーナーが蕗(ふき)の佃煮を分けてくれ、蕗の新芽で作ったと教えてくれたので、すぐに新芽を採ってトライしました。少し苦味があり、ビールのつまみに上々の出来です。

蕗の佃煮 (菜の花も入れた。家内から湯通ししていないので苦いとコメント。)


3/27産経新聞に中高年からの人生を大きく花咲かせる「人生二毛作のすすめ」の書籍評があった。脳の活性化と前向きな心の持ち方の紹介で3つの実践があればよい。
①第2の仕事をする ②金銭欲に振り回されないマネープラン ③日々の身辺雑事をこなす習慣

自分に照らすと、①は少し頭を使いながらフルタイムで働き、山登りの次は根府川で畑ができる ③は蕗の佃煮を作れるので合格だが、②の金銭欲は不合格(マネープランより足るを知る心がない!)。

そもそも花を咲かせる気はないが、脳と口と足が最後まで頑張れるのを期待するだけです。(根府川の桜は3分咲き)
[PR]
by akiotakahashi | 2010-03-27 18:04 | 根府川とミカン | Comments(6)
Commented by masaok15 at 2010-03-28 11:32
根府川の畑にはフキも出るようですね。(・・・ということは、もう少し早ければフキノトウが採れたはずですが)フキは佃煮もさることながら、何といっても「フキ味噌」が一番でしょう。予めややほろ苦みを残す程度に湯がいたフキの葉を使っても作れます。
人生二毛作に関する産経新聞の記事は読んでいませんが、脳の活性化と前向きな心の持ち方のための3つの実践のうち、特に①の「第2の仕事をする」について。・・・「仕事」というのは、「趣味」とか「生きがい」とかいう言葉と置き換えてもいいのでしょうが、もし経済的に多少でも余裕があり、なおかつ自分がどうしてもやりたいことのある人は、死ぬ直前に及んで後悔しないよう、元気なうちに是非やっておくべきだと思います。 
Commented by akiotakahashi at 2010-03-28 20:54
masaoさま:次回はフキ味噌を試します。
仰せのとおり第2の仕事とは、旅行・山・絵などの趣味、ボランティアが主体だと考えます。小生も、体が動くうちに無理をしてでもやりたい事だけはやるつもりです。
Commented by rollingwest at 2010-03-28 21:30
十分、二毛作に向けて練磨されていると思います。
そのためには何はともあれ健康維持が第一ですね!
Commented by akiotakahashi at 2010-03-30 07:26
RWさま:仰せのとおり、呆けないためには自ら鍛えて健康維持に努めます。(しかし、思い通りに行かないのも運命でもありますが・・)
Commented by wasitaka at 2010-03-30 18:01
ジャガイモの芽が出ましたか、我が畑は3月15日の植付けだったので(私は参加出来ず)まだ1本も芽が出ていません。
人生二毛作は私の場合、③がちょっと弱めですが適合していると思います。そうだ、明後日はデスクワークが一段落するので、久し振りにタイグリーンカレーを作ることとしましょうか。
Commented by akiotakahashi at 2010-03-31 05:16
washitakaさま:昨年の野菜つくりは失敗しました。草抜き、虫取り、肥料などの成果が出るので、楽しいものです。
単身赴任が無く、やさしい奥様に世話をしてもらえて幸せですね。

<< 目黒川の桜      立春の玉子 >>

小田原・根府川にミカン畑を借り仲間と楽しんでいる。ミカン作業、登山、趣味など紹介
by akitaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30